夫に不倫された時の仕返し方法8選

夫に不倫された時の仕返し方法8選
月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手と別れそう
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと仲良くしたい
初回無料なので安心してお試し下さい。

「夫に不倫されて心も体もボロボロに・・・」
「不倫するなんて絶対に許せない!」
「復讐してやる!」

夫婦間における最大の裏切り行為の1つとされる「不倫」。
自分の夫が不倫をしたら、あなたはどんな行動を取りますか?
ただその事実を受け止めて、はい、そうですか、とはいかない人がほとんどです。
今日は不倫をした夫に対して仕返しをする方法をお話します。

徹底的に懲らしめてやりましょう!

【決定版】不倫の証拠8選

【決定版】不倫の証拠8選

不倫の証拠写真の撮り方について

不倫の証拠写真の撮り方について

【探偵調査or自力調査】旦那の不倫を調べる方法

【探偵調査or自力調査】旦那の不倫を調べる方法

不倫の慰謝料請求について

不倫の慰謝料請求について

仕返しをする前に

仕返しをする前に

自分の夫が不倫をしていたことが発覚。
あなたならどうしますか?

その事実を知った瞬間、怒りや、悲しみ、憎しみなどネガティブな感情が湧き出てくるでしょう。
なかなか冷静になるのは難しいものです。

しかし、そのような状況でもまずはじめに考えるべきことがあります。
それは「何のために仕返しをするのか」です。

ただの憂さ晴らしの人もいるでしょうし、徹底的に懲らしめてもう二度と不倫をさせないという人もいるでしょう。
中には離婚を前提に、慰謝料や親権などを意識した、戦略的な仕返しを考える人もいると思います。
仕返しするにあたり、目的を明確にする必要があります。

そして、もう一つ大事なことがあります。
それは、夫の浮気が原因で自分の心と体に悪影響が出たと認識させることです。
我慢する必要はありません。

・医師に診断書を書いてもらう
・ノイローゼ気味な言動を取る
・体調不良を訴える

など不倫をした夫に対して、その裏切り行為の影響が配偶者である自分にも及んでいるということをしっかりと自覚させましょう。
心の中で感じたり思っているだけではいけません。
はっきりと分かりやすいように夫に伝え、認識させるのです。

夫の不倫に対する仕返しの方法8選

夫の不倫に対する仕返しの方法8選

それでは早速、夫の不倫に対する具体的な仕返しの方法をお話したいと思います。
以下の方法は数ある仕返しの中でも効果的なものを厳選したものです。
目的に合った手段を選びましょう。

家事をしない

これは不倫した夫に対し、非常に有効な方法です。
普段家事をしているのは誰ですか?
全てではないにしろ、ほとんどが妻の方だと思います。

掃除、洗濯、料理など、妻がやって当たり前だと思っている夫は非常に多いです。
妻が家事をせっせとこなす一方で、夫は他の女と不倫。
こんな理不尽で不公平な事はあるでしょうか?

普段、妻が当たり前のようにやっている家事。
その有り難みを感じていれば不倫など考えずに家事を手伝っているはずです。
急に家事をしなくなって文句を言われても、

「不倫はするのに家事はしないんですか?」

と言い返してやりましょう。
むしろこの期に及んでそのような事を言うようであればすぐにでも離婚を視野に入れるべきです。

不倫相手の両親に報告

これは前提として不倫相手の情報が分かっている場合になります。
夫の不倫がバレた時、多くの場合、不倫相手をかばうはずです。

「彼女が悪いんじゃない。悪いのは俺なんだ。」

そんな言い訳、妻には一切関係ありません。
どうだっていいのです。
相手の素性が分かっているようでしたら、その不倫相手の両親のところへ事実を報告しに行き、強く抗議しましょう。
既婚者として当然の権利です。

そうすることで夫だけではなく、不倫相手にも仕返しすることができます。
そして相手も懲りて消え去ることでしょう。
不倫を認める親などいるはずありません。

慰謝料請求

これは離婚するしないに関係なく可能です。
夫に金銭的ダメージを与えることが出来ます。
不倫をする余裕を金銭的に奪うのです。

ただし、慰謝料を請求するにあたり、夫が不倫をしたという事実を証明しなければなりません。
確実な証拠を掴むためにもまずは探偵や弁護士などのプロに相談してみることをおすすめします。

高価なものをおねだりする

不倫がバレた夫は、圧倒的に弱い立場にあります。
反論する余地などありません。
そこでこの立場を利用して、高価なものをおねだりしましょう。
ポイントは、「欲しいもの」ではなく、「お金になりそうなもの」をおねだりする事です。

買ってもらったからと言ってそれで満足してはいけません。
買ってもらったモノはどうしようと自由です。
言い方は悪いかもしれませんが、おねだりするべきなのは「もの」ではなく「お金」なのです。
それを間接的に手に入れるためにも、「おねだり」は非常に有効な方法です。
そして、少しずつ換金していくのです。
また、もし夫がこれらのおねだりを拒否するようであれば慰謝料請求を検討してみましょう。

共通の知人に不倫の事実を知らせる

不倫をした夫は妻の前では謝罪と猛省を繰り返しますが、外に出たら意外にも開き直っている場合が多いです。
つまり、男はなかなか簡単には反省しませんし、懲りないのです。

そういった夫へ効果的なのは、社会的信用にダメージを与えることです。
職場不倫であれば会社に直接抗議に行くのも良いでしょう。
共通の知人や友人などに話をしたら、あっという間に広まります。
そうすれば夫に対する周囲の見方も変わるでしょう。
時には仕事や信用を失うこともあります。

この方法は不倫した夫に精神的にダメージを与える有効な方法です。
猫をかぶっている夫も大慌てすること間違いなしです。

SNSでバラす

ネットの拡散力は絶大です。
ただし、実名などの具体的な個人情報は絶対に書いてはいけません。

SNSであれば普段遠く離れている友人や知人にも容易に連絡をすることが出来ます。
最近はSNSを利用していない人はほとんどいません。
TwitterやFacebook、Instagramなど数多くのサービスが普及しており、またそれらが連動しているため、インパクトのある情報は一瞬にして拡散します。

夫が不倫相手とSNSでつながっていた場合は、その相手の周囲の人間もその情報が届くかもしれません。
おそるべし、SNS。

無視する

人は無視されると精神的にダメージを受けます。
そしてそれが続くことで孤独感を感じ、それに耐えられなくなっていきます。

最初は余裕があるかもしれませんが、それが1ヶ月、半年、一年と長期に渡った場合、そのダメージは計り知れません。
場合によっては夫が精神的に参ってしまう可能性もあります。
しかし、そこで甘やかして手を差し伸べる必要はありません。

「その原因は誰にあるのか」
「人の痛みが分かるのか」
「自分は被害者だとでも思っているのか」

不倫をされた人の痛みを分からせるためにも、無視は効果的な方法です。
やる時は徹底的にやるべきです。

自分も不倫する

これは少し特殊な方法です。
夫に自分の痛みを分からせるために、あえて自分も同じ体験をしてみるという、体を張った方法です。

ただし、これは仕返しの最初の手段としてはおすすめしません。
他の方法を試した後で最終手段としてするのが効果的です。

不倫をした人間が不倫をするなと言えるはずもありません。
ある意味妻自身のストレス解消として行う手段になります。

また、不倫というとハードルが高く感じる人もいるかもしれません。
このような人にはハプニングバーに行ってみることをオススメします。

ハプニングバーとは、さまざまな性的嗜好を持った客が集い、会話を楽しんだりHな行為を楽しむ場所です。
その場の雰囲気とタイミング次第ではありますが、お互いの相性が良ければ一夜限りの火遊びを楽しむことができます。
基本的に女性は無料で入場でき、女性が嫌がる行為などは一切NGなので安心して遊ぶことができます。
後腐れない関係を楽しむにはパプニングバーに行くという選択肢もありですね。

こんな仕返しはNG

こんな仕返しはNG

仕返しと言ってもやりすぎは禁物です。
やりすぎてしまうと逆に自分が訴えられたりするリスクを伴うので注意しましょう。

犯罪行為

どんな仕返しであっても、法に触れるような事は絶対にしてはいけません。
犯罪行為に及んだ場合、自分自身の身を滅ぼしてしまいます。
夫の不倫に対し、感情的になる気持ちは分かりますが、法を犯す行為はダメです。

暴力をふるう

暴力は何の解決にもなりません。
ものを投げたり壊したりする行為も同様です。

その場限りの瞬間的な感情で手を出すと後で自分自身が後悔します。
暴力は何も生み出しません。
手を出すという一線は決して越えてはいけないのです。

個人情報をネットに晒す

これも感情的に熱くなるとついやってしまいがちですが、非常に危険です。
一度インターネット上に公開された情報は、たとえ自分がその情報を消したとしても他人がその情報を知り得てしまったら一気に拡散してしまい、制御不能になります。
ニュースでもしばしば取り上げられますが、インターネット上で個人情報は絶対に出してはいけません。

まとめ

いかがでしたか?

夫の不倫に対して、さまざまな感情があると思います。
仕返しの目的によってどの方法が一番効果的かはそれぞれ違うのでよく考えてみましょう。

error: Content is protected !!