占いの種類と特徴について

LINE@

占いにも種類があるのは知っていますか?
それぞれの占いには特徴があり、占い師に相談したいないようによって向いているものとそうでないものがあります。

今日は占いの種類やそれぞれの特徴、占いの選び方を紹介します。

占いとは?

占いとは?

占いとは、統計学を利用してその人の運命や性格、未来を判断するものです。
占い師は基本的に過去に起こった出来事や、占い師個人の経験などをもとにして判断します。

いわば天気予報のようなもので、この先にどのような事が起きるかを予想し、どう行動すればよいかを判断するためのもです。

占い(うらない)とは様々な方法で、人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいう。卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)ともいう。

Wikipediaより引用:占い

占いの種類と特徴

占いの種類と特徴

占いには大きく4種類に分けられ、それぞれに特徴があります。

占いの種類の分け方として、「西洋占術」や「東洋占術」で分けることがありますが、ここでは占いの手法(占術)で分けていきます。

それぞれの種類と特徴を以下に見ていきましょう。

手法①:命(めい)

「命(めい)」は生年月日や生まれた場所、星の動きなどの変わることのない事実に基づいて判断する占術です。
命術とも言います。

この手法はその人が本来持つ性質や考え方、性格、運気などを知る事ができるものです。

以下のような占いが「命(めい)」に含まれます。

  • 西洋占星術
  • インド占星術
  • 宿曜占星術
  • 12星座占い
  • 四柱推命
  • 算命学
  • 九星気学
  • 動物占い
  • 数秘術
  • 紫微斗数(しびとすう)
  • 星平会海(せいへいかいかい)
  • 0学
  • 誕生数占い

など。

手法②:卜(ぼく)

「卜(ぼく)」は偶然の現象から人の未来を占う手法です。

卜術は人の気持ちなどの状況が変化しやすい物事に対して占う時に効果のある手法です。
人が占いを受けるタイミングやその時の行動すべてが必然であると捉え、将来の運命がどのように変化するのかを見ることができます。

カードやサイコロなどの道具を使って占うこともあります。

当然ですが、卜術を受けるたびに結果が変わるのが特徴です。

以下のような占いが「卜(ぼく)」に含まれます。

  • 西洋占星術
  • インド占星術
  • タロットカード
  • オラクルカード
  • トランプ
  • おみくじ
  • 梅花心易
  • 花びら占い
  • ビブリオマンシー
  • ジオマンシー
  • ダウジング
  • 水晶占い
  • ルーン占い
  • 周易
  • 六壬神課(りくじんしんか)
  • 辻占

など。

手法③:相(そう)

「相(そう)」は現在の手相や人相などから人の運命や性質を見るものです。
顔や手、家の間取りや配置など、もののカタチを見て占います。

相術は、「命(めい)」と「卜(ぼく)」を合わせたような手法で、変えられない過去の状況から未来を良いものにしていくための内容を見ることができるものです。

「相(そう)」には以下のような占いがあります。

  • 手相占い
  • 人相占い
  • 姓名判断
  • 家相占い
  • 風水
  • 印相
  • 夢占い
  • 墓相占い

など。

手法④:霊(れい)

「霊(れい)」は統計学と霊的な要素を使って未来を読み解く、新しいスタイルの占い手法です。

しかし、占い結果は占い師の能力によって左右することが多く、自称霊能者のような悪質な占い師も中には存在するので注意が必要です。

以下のようなものが代表的な占いです。

  • 前世占い
  • スピリチュアル
  • チャネリング
  • オーラリーディング
  • 透視
  • 降霊術
  • 千里眼
  • 自動書記
  • 口寄せ
  • 波動修正
  • 縁結び祈願
  • 予言
  • 神通力

など。

占いの選び方

占いの選び方

これまで占いの手法について紹介しましたが、どの占術を選ぶのかが最も重要なことです。

ここでは相談する内容によってどの手法を選べば良いのかを紹介します。

性格や人生の大まかな流れを知りたい

自分がどのような性格を持っているのか、どのような運命にあるのかを知りたい場合は「命(めい)」の占術を用いると良いでしょう。

人それぞれ強みとしていること、弱みとしていることがあります。

まずは自分はどういう人間なのかを知って、それを受け入れていく。
そして、どのような未来が待っていてどのような弱みを減らしていけばよいのか、そういったことを知るためには命の占術を使うことをおすすめします。

現在の状況や相手の気持ちなどを知りたい

今直面している問題や、相手がどう思っているのか、それを踏まえてどのように行動すれば良いのかを判断するために参考としたいのが「卜(ぼく)」の占術です。

「仕事でトラブルが起きてどうすればよいかわからない」
「彼女と喧嘩してしまい、仲直りしたいけど相手がどう思っているか知ってから動きたい」

そういった悩みは多々あると思います。

そんなときは卜術で未来に起こる出来事を知ることをおすすめします。

未来の運勢を変えていきたい

今の状況を変えて未来を良いものにしたいと思う場合は「相(そう)」の占術がおすすめです。

・手のひらにペンで筋を加える
・姓名判断によって名前を変える

などの開運方法も存在します。

まとめ

いかがでしたか?

今日は4種類の占い手法を紹介しました。

初めて占いを受ける方、自分に合う占いを知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

未来をより良くしたいと思う方は、これらの手法や特徴を理解し、それらをうまく活用して日々に役立てていきましょう。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!