占いの頻度はどれくらいが効果的?

LINE@

みなさんは占いの頻度について気にしたことはありますか?

「困ったことや悩みがあるたびに占いに頼ってしまう」
「どのタイミングで占いをすればよいかわからない」

占いは気軽に受けられるからこそ、ついつい高頻度で受けてしまいがちです。
しかし、頻繁に占いをすることは実は効果的ではありません。

適切な頻度で占いを利用すれば、より占いの効果が発揮されると言われています。

そこで、この記事では理想的な占いの頻度と、ベストな占うタイミングについてまとめてみました。
占いたい内容別の適切な頻度も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

占いの頻度と占ってもらう内容は?

占いの頻度と占ってもらう内容は?

実際に占いにはどれくらいの頻度で行っているのでしょうか。

そこで、当サイトの読者に「占いの頻度」とそのとき「占う内容」についてアンケートを取ってまとめてみました。
(回答者:20~50代の既婚者100人)

Q1. 占いの頻度はどれくらいですか?

占いの頻度について見てみると、「1~3ヶ月おき」が最も多い結果となりました。
これらの人たちは仕事などで頻繁に占いを受けることはできないため、計画的に占いを活用しているようです。

中には「毎日」という人も1割ほどいて驚きました。
そのような人たちは電話やアプリで気軽に受けられる占いを積極的に活用しているようです。

一方で「半年~1年おき」、「特に考えていない」と回答した人たちは、占いをあくまでもヒントと捉え自分のライフスタイルに取り入れているというような回答が多かったです。

続いて、占ってもらう内容についてのアンケートを見てみましょう。

Q2. 占う内容はどんなものですか?

やはり恋愛について占う人が圧倒的に多いようです。
最近では結婚やカップルについての相談に加え、不倫についての相談に占いを活用する人も増えていて、ますます占いの需要が増えています。

次いで多かったのが仕事です。
計画的に占いを活用している人の中には、仕事の周期に合わせて占いをしてもらうという方も増えています。
また今までは男性が多かったものの、最近では女性でも仕事に関して占いを活用する人も増えているのです。

占いの種類によって適切な頻度が変わる

占いの種類によって適切な頻度が変わる

実は占いのベストな頻度は、受ける占いの種類によって変わります。

まずは占いの種類を見てみましょう。

  • 命(めい)
  • 卜(ぼく)
  • 相(そう)
  • 霊(れい)

それぞれの占いに最適な頻度が決まっています。

命(めい)の最適な頻度

最適な頻度:1年に1回

命(めい)は変わることのない事実から、その人の生まれ持った性格や運命を見るものです。

そのため、1年に1回程度の期間が空いていても、あまり結果が変わることはありません。

また、占ってもらう占い師が毎回同じ人であれば結果は変わらないので、毎回占い師を変えていくことをおすすめします。

卜(ぼく)の最適な頻度

最適な頻度:1~3ヶ月に1回

卜(ぼく)は変化するものに対して占うことに効果を発揮するため、1~3ヶ月おきの頻度が良いでしょう。

命と違って、占うたびに結果も変わるものです。

四半期などで仕切られる仕事などで活用することをおすすめします。

相(そう)の最適な頻度

最適な頻度:状況の変化があった時

相(そう)は過去ではなく未来を良くしていくのに、どうすればよいかを知るために活用することができます。

そのため「状況が変わって今後どうすればよいのか」を知るために向いていることから、引っ越しや付き合う人が変わった、職場が変わったなどのタイミングで占ってもらうことがおすすめです。

霊(れい)の最適な頻度

最適な頻度:1~3ヶ月おき以上

霊(れい)は占いの中でも霊的な能力を活用して占う方法です。

スピリチュアルな要素もあることから、自分自身の占いをしてもらうのであれば上記の1~3ヶ月おき以上でも問題ありません。

ただし、自分以外の他人の気持ちや考えていることを霊で占ってもらう場合は、半年~1年以上は最低でも空けるべきです。

占いの種類と特徴について

占いの種類と特徴について

占いのベストタイミング

占いのベストタイミング

占う内容に関わらず、占いをするのに適したタイミングがいくつかあります。

新年を迎えたとき

年始は全ての運が変化したり、これまでの悪い運気がリセットされるタイミングです。
よって、新年に占うことでその一年の指標を知ることが出来ます。

新年といえばおみくじですが、それを占いに変えてみるのもおすすめです。

新しい悩みが出来たとき

何か悩み事が出来たときに占いに答えやヒントを求めるのは悪いことではありません。

占うことで悩みが早めに解決する場合もあるので、迷いや悩みが生じたタイミングで占いを取り入れていきましょう。

悩みの状況が変わったり進展があったとき

悩みの状況が変わったり何か大きく進展があったなら、前回の占ったときとは全く違う結果が出る可能性があります。

この様なときは積極的に占うべきです。

占ってもらう内容別の占いの頻度

占ってもらう内容別の占いの頻度

恋愛について占いたい場合

恋愛の占いにおいては、内容にもよりますが状況が刻一刻変わっていくため頻繁に占ったほうが効果的です。
そのため、できれば週に1度、少なくとも月に1、2度くらいのペースで占うのが良いでしょう。

また、恋愛の占いにおいては自分だけでなく相手のことも占うため、1度の占いに多く時間をかけるようにしましょう。

仕事について占いたい場合

仕事運を占う場合は、内容によって頻度が大きく変わります。

転職や独立を考えている場合は、2~3週間に1度位のペースで占うのが良いでしょう。

また、一つの季節が移り変わるとともに仕事運も変わるので、安定して同じ仕事を続けるとしてもだいたい3~4ヶ月に1度くらいのペースで占うのが吉です。

金運について占いたい場合

金運について占う場合は、通常であれば年に一度か半年に一度くらいが理想的です。

お金周りの環境というのはそれほど頻繁に変わらないので、年初めなどの区切りが良いタイミングで定期的に占うと効果的です。
しかし、借金など金銭トラブルに巻き込まれている場合は月に1度くらいのペースで占ったほうが安心と言えます。

健康について占いたい場合

今現在、特に健康上の不安が無いのであれば積極的に占う必要性はありませんが、金運と同じで定期的に年に1度か2度占うのが理想的です。

しかし、健康面で何か不安があるのであればそのタイミングで占うと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
過度に占いに依存するのはよくありませんが、理想的な占いの頻度を知ることでより効果的に占うことができます。
占いを効果的に取り入れて、よりよい生活を送りましょう。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!