【25の部位から解説】男性からのキスが意味すること

LINE@

スキンシップのひとつであるキス。

欧米では、家族や友人とも軽いキスを交わしますが、日本では主に恋人や夫婦間で行われる行為です。

そんなキスですが、男性が女性の体のどこにキスするかでその心理が分かるというのです。

今日は、ちょっとロマンティックなお話です。

女性にキスをする男性心理について部位別に解説してゆきます。

キスする場所で分かる男性心理

キスする場所で分かる男性心理

「キス」は、唇だけにするものではありません。

けれど、そこまで意識して唇以外の場所にキスをしたことはない、という人の方が多いでしょう。

しかし意識していないからこそ、深層心理が表れるもの。

普段しない場所にキスをする時ほど、意味があると思いませんか?

必ずしも当てはまるとは言い切れませんが、キスする体のパーツごとに、その時男性が抱いている心理状態を探ってみましょう。

髪:愛おしさ

男性が女性の髪の毛にキスするとき、彼女を心から愛しく思っていることが多いようです。

「可愛い」とか「守ってあげたい」といった気持ちが抑えられない状態だといえます。

性的な目で見ているときにはあまりされないキスでしょう。

おでこ:友愛・祝福

おでこのキスが持つ意味は友愛です。

また、相手への祝福の気持ちを表すこともあります。

「友だちとして好き」というときにされる傾向が強いキスですが、カップルで交わされる場合は、対等な関係を表しているとも言えます。

こめかみ:慰め

彼女が泣きそうな目をしている時、悩んでいる彼女を癒やしてあげたいと思う時、なだめてあげようする男性心理がこめかみへのキスに導くのです。

彼女が自分にとっての癒やしであり、自分もまた彼女にとっての癒やしであろうとする男性心理が隠れていると解釈できるでしょう。

まぶた:憧憬

憧憬とは、憧れの言葉に心が奪われてうっとりと思い浮かべることを意味します。

簡単に言えば、憧れです。

それだけ彼の瞳の中にはアナタのことしか映っていないことを表しています。

一途に女性を想う男性心理の表れであり、唇へのキスだけでは伝えきれない愛情を表現するキスと言えるでしょう。

鼻:愛玩

愛玩と言っても。ペットやおもちゃのように思っているのではありません。

彼女を常に自分のそばに置いて、大切に可愛がりたいという男性の心理が表れています。

顔が近づいた時にお互いの鼻先をくっつける仕草は、無防備に甘える彼女のことを守ってあげたいという男性の保護本能をくすぐる行為です。

その心理の表れとして鼻や鼻先にキスをするのです。

頬:親愛

頬へのキスは、欧米では挨拶としても交わされる事が多いでしょう。

日本では恋人や夫婦間で交わされるのが一般的ですが、意味としては親愛のキスだと覚えておきましょう。

頬へのキスは唇よりは軽くできるので、仲良くじゃれている流れでされることもあるかもしれません。

感謝の気持ちを伝えたいときや、甘えたいときにもされやすいのがこの“ほっぺ”へのキスです。

唇:愛情

キスの王道である唇へのキスは、言うまでもなくストレートな愛情表現を意味します。

男性は、心から愛する相手には間違いなく唇にキスをします。

そのほか、まだお付き合いをしていない関係では、相手を異性として見ているときに唇にキスをします。

恋人でも夫婦でも、いつまでも唇にキスされる関係を目指したいものですよね。

耳:誘惑

耳は敏感な場所であることからも分かるように、男性は女性の耳から誘惑を図り、女性は耳から伝わる直感的な甘い言葉に惹かれてしまうもの。

シチュエーション的に耳にするキスは、前よりも後ろからの方がしやすいものです。

男性が女性をバックハグしているシチュエーションで起こりやすいキスでもあります。

女性をその気にさせようとしている男性心理が隠されています。

首:執着

首へのキスは、執着心を表しています。

独占欲や、もっと近づきたいといった気持ちを意味するもので、愛情が強いことは間違いないでしょう。

首への優しいキスをされた時は、愛されている喜びを素直に感じられるのではないでしょうか。

首筋:性的欲求

普段髪の毛に隠されている部分であるうなじへのキスは、ぞくぞくとした刺激を与えてくれるものです。

その女性を「自分のものにしたい」「この人を離したくない」という激しい欲求を表します。

そのため、友達の関係では基本的に行われないものです。

女性のうなじに憧れを持つ男性が多いことからもわかりますが、このキスをされた時に男性が抱いている性的欲求はかなり強いものです。

その欲求を受け入れる気がないのであれば、早めに距離をおいたほうが良いでしょう。

喉:欲求

喉へのキスも、うなじと同じく相手への強い欲求を意味しています。

やはりこれも友達の関係では行いません。

もし、男友達があなたの喉にキスをしてきたら、彼はあなたに対して強い好意を抱いていると考えてもいいと思います。

鎖骨:性的欲求

女性の鎖骨は、男性にはない華奢な雰囲気がよく現れている部分です。

シャツやカットソーからちらりと見える女性の鎖骨にドキドキして興奮する男性は、実はたくさんいるのです。

恋人やパートナーから、鎖骨にキスされたら、ストレートに性的に誘われていると思っていいでしょう。

手首:欲望

欲望とは「不足を満たそうと強く望む」という意味の言葉です。

この場合の「不足」は愛する彼女の存在を指します。

男性が女性の手首へキスをする時、「彼女の愛がもっと欲しい」という強い心理が現れていると言えます。

欲求よりも強い感情であり、寂しさを感じている可能性も。

手のひら:懇願

「懇願」とは、心からお願いするという意味の言葉です。

男性が女性の手のひらにキスをした時は、「自分だけのものになってほしい」「あなたの愛が欲しい」という心理を表しています。

独占したいという強い願望ではなく、心から切に「自分だけの存在でいてほしい」という健気な懇願を表す行為と言えます。

手の甲:敬愛

敬愛とは、「尊敬し、親しみをもつ」という意味の言葉です。

男性が女性の手のひらへキスをする場合には、「身も心も捧げたい、尽くしたい」という心理の現れと言えます。

ヨーロッパの昔の時代を舞台にした宮廷やサロン文化を描く映画ではよく見かける行為であり、ドラマティックな印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

少し堅苦しく、敬遠されることもあるキスですがもしされることがあるとすれば、それは誠実に愛されているのだと解釈できるでしょう。

胸:独占欲

胸へのキスは、男性の女性を独占したいという心理のあらわれです。

言うまでもなく男性は、女性特有の胸のふくらみに強い好意を抱いています。

その女性の事が好きであればあるほど、胸にキスしたがる傾向があるでしょう。

背中:愛情の確認

背中へのキスは、その相手への愛情を確認する行為です。

背中というのは、本人には見えない部分なので、恋人の背中へのキスは自分しか知らない秘密を作っているエロティックな行為と言えます。

このキスができるのは、もちろん相手の背中に触れる事ができる恋人やパートナーだけ。

大切に思っている人が自分のそばにいてくれるかどうか、確認したい時にしたくなるのです。

腰:束縛

束縛とは、相手の行動を制限して自由を奪うことを意味します。

すなわち男性が女性の腰へキスをする場合には、「自分だけのものにしたい」「自分のもとに縛りつけておきたい」という心理の表れと言えます。

彼女への欲求がかなり大きくなっているため、愛を深める過程においては、心を開いて受け止めてあげる必要があるでしょう。

お腹:母性

その女性に母性を感じていたり、母性に惹かれている事を意味しています。

男性は、仕事が忙しくて疲れ切っていたり、落ち込んでいたりする時などに、恋人やパートナーのお腹にキスをして癒やしを求めているのです。

性的な意味合いはほとんど含まれていないので、頭を撫でる等してゆっくり癒やしてあげましょう。

お尻:愛おしさ・性的欲求

言うまでもなく、男性は女性の丸くて柔らかいお尻が大好きです。

女性の身体は、男性とは違い全体的に丸みを帯びているわけですが、その中でもお尻は特に女性らしさの象徴ともいえる部分です。

お尻へのキスは、身体の関係がある間でしかできません。

恋人やパートナーがやたらとお尻にキスしてくる場合、それは性的に誘っているか大好きでたまらないかのどちらか、もしくはその両方だと言えます。

太もも:支配

太ももへのキスは、支配を表します。

彼女を自分の意のままにしたい、二人の関係で主導権を握りたいという男性心理が見受けられます。

あるいは実際に支配していることを確認する行為とも言えます。

Sっ気のある男性に多く見られるキスでしょう。

すね:服従

服従とは、相手の意志や命令に従うという意味の言葉です。

この場合は「彼女の意志や命令」を指します。

すなわち男性が女性の脛にキスをしたら、「あなたのためなら何でもする」という心理が表れています。

服従といっても下僕のような意味はなく、健気でひたむきな思いを表しています。

足の甲:隷属

隷属とは「支配され、相手の言いなりになりたい」という意味の言葉です。

アブノーマルな響きではありますが、直接的にこの意味を持つことは少ないと思います。

男性が女性の足の甲キスをしたら、「彼女の全てを受け入れ、愛する」という男性の心理を表していると解釈できます

Mっ気のある男性が好むキスとも言えます。

つま先:崇拝

崇拝とは、「尊敬し崇める」という意味の言葉です。

本来は神や救世主に対して使われるのが一般的な表現で、それほどまでに恋人を有り難く感じていると言えます。

男性が女性の爪先へキスをしたときは、恋愛感情を通り越して「尊い」という心理を表します。

遊びの相手には絶対しないタイプのキスなので、もし恋人やパートナーからのここににキスをされたらそれだけ強く真剣に敬られている証拠といえるでしょう。

足の裏:忠誠心・依存心

このキスをしてくる男性は、全てにおいてあなたの言う通りに従うでしょう。

彼はもはや、「あなたがいなくては、何もできません」と全面降伏しているような状態です。

しかし、足の裏へのキスばかり繰り返す人は、自分で何かを判断する事を放棄し、女性に寄りかかる依存体質である場合もあります。

あまり続くようであれば、深い関係を続けることは考えたほうが良さそうです。

カップルの身長差について

まとめ

いかがでしたか?

恋人同士や夫婦のスキンシップとして欠かせないキス。

唇へのキスは愛する者同士の間でよく交わされるストレートな愛情表現ですが、それ以外にも頬やおでこ、首、髪など、キスをする場所は案外たくさんあるのです。

彼氏や夫、友達以上恋人未満の気になる人からキスをされたら、彼が抱いている心理を考えるきっかけになります。

普段は素っ気ない彼からの深い愛情や、男らしい彼の可愛い一面を知れるきっかけになるかもしれません。

たくさんのスキンシップを重ねて素敵な関係を築きましょう。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!