デート中に言ってはいけない一言10選

LINE@

あなたは男性に言ってはいけない言葉をどれくらい把握しているでしょうか?

男性はそんな素振りを見せなくても、女性のちょっとした一言や行動で傷付いたり気分が萎えたりしてしまうもの。

思わず口にした言葉が、彼との関係を一気に悪化させてしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は彼とのデートで言ってはいけない一言をご紹介。

こんな言葉を口にしてしまうと、彼の気持ちが萎えてデートもお開きになってしまうかもしれません。

早速チェックしてみましょう。

初デートでのキスはアリなの?

デート中に言ってはいけない一言

デート中に言ってはいけない一言

「なんでもいいよ」

何食べたい?って聞いても「なんでもいいよ」。
どこに行きたい?って聞いても『どこでもいいよ」。

こんな返答をされたら、彼は自分とのとのデートに興味を持ってくれていないのだろうか?と悲しくなってしまうでしょう。

そして一気にデートが白けてしまいます。
彼が何か聞いてきた時は、あなたの意見を優先したい時や迷っている時です。

それなのに、「なんでもいいよ」と、質問やデート自体に興味のないような返しをしてはいけません。

もし決められない時は「迷っちゃう、○○君はどう思う?」と返しましょう。
真剣に考えて決められないことが伝われば、彼も嫌な気はしないものです。

「疲れた」

せっかく彼がいろいろ考えてくれたデートで発する「疲れた」の一言は、「つまらない」「面白くない」と言うことと同じこと。

一気にあなたへの気持ちが冷めてしまうでしょう。

もし歩き疲れたり予定が目白押しで疲労が溜まった時は、「疲れた」ではなく「ちょっと休憩しよう」と提案してみましょう。

きっと彼も「ごめん気付かなくて」と嫌な気持ちにならず、休憩に応じてくれるはずです。
つい言ってしまいがちですが、「疲れた」の一言で彼を突き放してしまわないようにしましょう。

「前にも来たことがある」

オトナ女子であれば、彼が連れて来てくれた場所が、一度来たことのある場所だったりすることはよくあることでしょう。

でも、それ口にしてしまうと、男性は萎えてしまうもの。

そもそも男性は、デートの計画を立てる時に「きっとここには行ったことないだろう」と初めての場所に連れて行きたいと考えます。

それなのに一度行ったことがあるとがっかりしてしまいますし、それがデートスポットなら「きっと元カレと行ったんだろうな」と考えてしまうでしょう。

わざわざ嘘をつく必要はありませんが、たとえ一度行ったことある場所でも、できるだけ楽しそうに振る舞いましょう。

もしどうしてもそれを伝えたいのならば、「家族と」などをきっちり付ける配慮を忘れないようにしましょう。

結局のところ、楽しんでくれている彼女の笑顔があれば、彼だって喜んでくれるのです。

うっかり「行ったことある」なんて口にして、デートを台無しにしてはいけません。

「元カノはどんな人?」

男性に、たまに興味本位でこれまで付き合った人とのことを聞き出してくる女性がいます。

どんな元カノだったとしても男性にとってはいい思い出。
女性が思っている以上にダメージを与えてしまう質問になります。

女性の恋愛が「上書き保存」と言われるように、本当に「過去の恋愛」と割り切って聞いてしまう彼女は多いものです。

これはやはり女性の恋愛が、終わったら綺麗に忘れられる性質を持つからこそなのです。

しかし、終わった恋愛といえど男性のなかでは踏み入れられたくない思い出であることが多いもの。

思いの外センチメンタルな気分になってしまってデートの雰囲気が壊れてしまうことも。
興味があってもそっとしておいてあげましょう。

「ほら言ったじゃん」

彼が失敗したときや判断を間違えたときに、「ほら、言ったじゃん」「だから、こうしたほうがいいって言ったじゃん」というフレーズは言ってはいけません。

「ほら、言ったじゃん」と突き放した途端、彼からしたらあなたは頼ってはいけない遠い存在になってしまうでしょう。

反射的につい言いたくなる言葉ですが、判断ミスをしたことは彼が一番よく分かっているものです。
ここはグッと飲み込んで、どうするか見守って味方になってあげましょう。

「昔流行ったよね」

彼の服装のことを褒めたつもりが、その後急にだんまりになってしまう代表的な一言がこれでしょう。

彼の服装や小物類に対して「昔流行ったよね」や「これ前に持ってた」などと言うのは、悪気がなくても言ってはいけません。

「時代遅れ」「古いよね」と言っているようなものです。

もしかしたら彼にとってそれは大切な服や小物類なのかもしれません。
それを見せたくて、あなたとのデートに付けてきたのかも。

とくに年齢の離れた彼氏にそれをやってしまうと、傷つけてしまう可能性は非常に高いです。

「それってどうかな?」

彼と話していれば、彼の考えや経験してきたことを聞く時もあります。

その時に自分の考えとは違ったとしても、「それってどうなんだろう?」と言う第一声は控えておきましょう。

彼は自信をもって考えを言ったのに、一言目の返しがそれでは全否定された気分になるでしょう。

いくら自分とは意見が異なったとしても「そういうのもあるよね」と一度は受け入れるようにしましょう。

この一言で上から目線で見られていると思われてしまう可能性が高いです。
人として考え方が違うのは前提であることを忘れてはいけません。

「◯◯にも教えてあげたい」

彼が素敵な場所に連れて来てくれた時、感動して思わず「他の人にも教えたいなー」なんて思うことがあるでしょう。

でも彼があなたを素敵な場所に連れて来てくれたのは、あなただけに喜んで欲しいから。

これが友達だとしても、そこで他の人のことを口にしてしまうと、途端に興ざめしてしまうでしょう。
何よりも、彼にとって特別な場所である可能性もあります。

出来れば好きな人以外には教えたくない、好きな人と一緒に過ごすデートなので、そういうものなのです。

彼と二人で行った素敵な場所は、二人だけの素敵な思い出に留めておきましょう。

「なんでもない」

話し始めて、言おうとしたことがNGな話だと気づくこともあると思います。

彼を不快にしそう、怒らせてしまいそうだと気づき、途中で「なんでもない」と話を終了させてませんか?

そこまで言われると気になるのが人間です。
彼は自分に関する悪い話だと思い、しつこく聞き出そうとした結果、喧嘩に発展するケースもあるのです。

「このLINE返しちゃうね」

一つのLINEがすぐに大事になるわけではありませんが、デート中に何度もやりとりされたり、長い時間携帯をいじられると、一緒にいる人は思いの外寂しい気分になってしまうものです。

もし、デート中にメッセージのやりとりをする必要性があるなら、簡単にでもその事情を話してあげましょう。

せっかくのデートで二人で楽しもうとする姿勢を、相手が期待していると思うとなかなか目の前でスマホを見続けることはできないはずです。

明らかに彼よりもLINEの相手を優先していると捉えられてしまえば、彼は「デートが楽しくないんだな」と思ってしまうでしょう。

何気ない行動でも相手の気持ちをきちんと考えてください。

ケンカ中でも絶対言ってはいけない言葉7選

まとめ

いかがでしたか?

その後無言になってしまうような、余計なひと言やNGワードを紹介しました。

たった一言で一気に雰囲気がブチ壊しになることはないと思いますが、連発したり複数のフレーズを言ってしまえば、決して良いデートにはならないでしょう。

一番大切なことは、自分も相手も楽しいと思えるデートにしようと意識すること。
デートがぶち壊しになってしまえば、その先はなくなってしまいます。

意図せずに相手をがっかりさせるような言葉を発しないように気をつけましょう。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!