セフレから本命彼女になるためにするべきこと5選

LINE@

「好きになった人ときちんと付き合いたいなら、彼氏彼女の関係になるまで身体の関係を持ってはダメ!」なんてよく聞いたことがあると思います。

でも中には
「最初は本命彼女になりたいなんて思わなかったし特別な恋愛感情もなかったからセフレとして付き合っていたけど、途中からだんだんと好きになって恋人同士になりたいと思うようになった」
というケースは結構あるのです。

その場合セフレから本命彼女になるのは無理なの?と不安を抱えている女性もいることと思います。
確かにセフレから彼女になることは難しいことですが、「不可能」なわけではありません。

今日はセフレから本命彼女になる方法を検証してみましょう。

具体的にすべきこと

セックスしたことを後悔しない

一般的に付き合う前にセックスしてしまうことで男性はその女性のことを軽い相手として扱うケースがあります。
しかし、好意を抱いた女性とならばセックスしたしないに関わらず付き合うという男性もいるのです。

あなたがもし「セフレ認定で関係が進んでいる・・」と感じたのならば相手にどんなつもりでセックスをしているのかを一度確認してみましょう。

もしセフレ認定されていたとしても本命彼女になれないと決めつけることはナンセンスです。
まずはセックスしたことは後悔しないようにしましょう。

セックスを断ってみる

いつも待ち合わせする場所がホテルばかりという人ならば、セックスなしで会ってみましょう。
例えばレストランで待ち合わせてまずは食事をしてみる、などです。

いつもと違うことで刺激も生まれますし、なによりあなたと彼との間にいつもと違う時間を設ける事ができるのです。
いままで彼には見せなかった気配りやあなたの人間としての魅力をアピールしてみましょう。

少しでも多くセックス以外の場面での存在をアピールする事でセックス抜きでのあなたの事を知るきっかけを増やす事ができます。

もしそれで会わなくなるようであれば、彼はあなたにはセックスしか求めていないと判断したほうがいいかもしれません。

連絡の頻度を下げてみる

彼から連絡がきたら嬉しくて仕方がないと思います。

でもここでちょっと考えてみましょう。
「彼と会ってもまたすぐにホテルかも・・」
と思い当たる人はその嬉しい気持ちを少し心の奥に留めてみる必要があります。

そしてもし彼が「連絡をすぐに返さない女なんていらない!」
なんて態度を取るようならば、そんな男はこっちから願い下げ!と思うくらい強い心を持ちましょう。

彼氏彼女の関係になるのに必要なことは、相手に依存せずに自立していることです。
依存していない事をアピールするためには連絡の頻度を減らし、できるだけあなたからは連絡しないようにしましょう。

男性は追われるよりも追う方に魅力を感じるものです。
また、人にはこれまでしつこくされていたのにもかかわらずいきなりその猛プッシュがなくなると虚無感や焦燥感を感じる習性があります。

追われるよりも追いかけさせること。
これが彼女への昇格の足がかりとなる事もあるのです。

気を遣いすぎるのをやめてみる

彼に嫌われないように、彼が好きだからといって自分を犠牲にして頑張りすぎてはいませんか?

そんなあなたに対して彼はどこか強気に「何もしなくても俺のことをずっと好きでいてくれる」と思っているかもしれません。

お付き合いをする上で大事なことは、「対等でいられること」です。
彼との関係においてもしあなたが一方的に頑張っているのならば、関係に上下関係ができてしまっている可能性が高いです。

立場に大きく上下がある事は本命彼女になる上での障害と言えるでしょう。
できるだけ対等な関係を意識する事でセフレとして雑に扱われる事がなくなるはずです。

対等な関係になれば彼女になれる可能性が高まると思ってもいいでしょう。

彼の失礼な言動を指摘する

男性は本命彼女をきちんとした女性として扱うものですがセフレには友達かそれ以下の扱いをします。

「彼のちょっとした一言に傷ついた。でも彼を見たら笑ってた。だから私も笑って傷ついたことをなかったことにした。」
セフレとして扱われている女性にはこんな経験が一度はあるでしょう。

しかし感情的になってしまえば「だから女は・・」と思われてしまうかもしれないので、そんな時は冷静に「今のは傷ついたよ」と優しく伝えるようにしましょう

何をされても「いいよ」と許していては、彼の「いつまでも都合のいい女性枠」から抜け出せません。
自分の感情をきちんと伝えることもまた対等な関係の構築に一役買ってくれるはずです。

無理なケース

しかし、お相手との関係にこんなケースが見られる場合は、本命彼女になることを少し考えたほうがいいかもしれません。

突然呼び出す

突然の呼び出しに合わせて動くことを強要してくる場合は、付き合うことを諦めたほうがいいかもしれません。

セフレのことを何とも思っていない男性は自分の性欲が高まっている時にセフレを呼び出すことに疑問を感じないでしょう。

こんな男性はあなたが自分に合わせてくれないと分かるとイライラしてして当たり散らすかもしれません。

性欲が高まるきっかけはそれこそ人それぞれです。
どんなタイミングで「セックスしたい」と思うかはもちろん事前には分からないため、連絡をしてくるのがいつも突然になるのです。

しかし女性側からすれば「今日いつもの場所に集合ね」と突然の連絡が入ってきても、いつも暇なわけではありません。

そんな男性は「今日は友達とご飯に行くから無理だよ」と断っても「なんで空けとかないんだよ!今すぐ来い!」と強引に迫ります。

いくらセフレとは言え相手の都合を考えることができない男性とはきちんとしたお付き合いはできません。

相手とこんなやりとりをしたことがあるとすれば本命彼女になることは考えたほうが良いかもしれません。
仮にお付き合いできたとしてもパートナーとして尊重してくれる可能性は低いでしょう。

次の約束をしない

セフレはセックスをすることが目的なので、次回会う約束をするというパターンはあまり見られないものです。

しかしセックスが非常に盛り上がって気持ちが高ぶったり、セックス関係なく会いたいと思えたりする相手であれば男性側から次の約束を切り出すことがあるものです。

女性側から「一週間後、また会える?」と切り出せば、男性は性行為が好きなので次の約束に繋ぐことは難しいことではないでしょう。

しかしあなたの体以外には全く興味がなく、自分のしたいことをいつも最優先するという男性であれば、セフレから次に会える日の提案があっても「会いたい」という気持ちがわきません。
「また連絡するから」とたたみかけて話をはぐらかすはずです。

そんな男性は自分の時間が拘束されることを何よりも嫌うので、次につながる話しをされること自体嫌だと感じています。

このような男性とは仮にお付き合いが始まったとしても自分の都合最優先であなたを尊重してくれない可能性があるので、本命彼女になることは考えたほうがいいかもしれません。

セックスでプライドを保つ

セフレ相手との境界線を引くために「君自体を求めているわけではないよ」という伏線として言葉を選ぶ人もいます。

彼がもし「常にセックスしていないとダメなタイプなんだよね」「彼女いない間、セックスの相手してくれないと忘れそうだから困るんだよね」など、誰でもいいから女性とセックスをすることだけが目的だということを明確に言葉にしているのであれば本気の恋愛を求めることは難しいのです。

これからもセフレで居続けて欲しい、という願望を上記のような言葉にすることで「割り切った関係を続けようね」と念押しをしているのです。

こんな男性に対して「私だけを見て」「私と付き合って」など言葉に出してしまうと、一瞬にして相手はドン引きするでしょう。

食事の誘いを断る

セフレと会うのは必ず各々食事をとった後というわけではないと思います。
セフレと過ごす時間の中で食事を挟むこともよくあることでしょう。

「お腹も空いたしご飯一緒に食べようよ」とあなたが誘った時、友達以上恋人未満という範囲で認識していたり一緒に過ごすことに居心地の良さを感じていたりするのであれば、ご飯の誘いもすんなり受け入れてくれます。

「そうだね、ご飯食べに行こうか」と、恋愛関係でなくてもそんな流れになるはずです。

しかし、あなたのことを完全にセフレとして扱っている場合は相手の男性は「いや、俺はお腹すいてない」「何か食べてくれば」と、一緒に行動することを面倒臭がるものです。

セックス以外で一緒に過ごすことに価値を見出してくれないようであれば、本命彼女になることは難しいと言えるでしょう。

男性がキープ女性にとる態度8選
キープされる女の特徴7選

まとめ

いかがでしたか?

セフレから本命彼女になることは簡単なことではありません。
そもそもあなた自身セフレとしての彼しか見ていない可能性もあり、実際に彼氏として付き合ったら幻滅してしまうことだってあるかもしれないのです。

それも踏まえて考えた上で絶対に本命彼女になりたいと思うのであれば、地道に行動していきましょう。
短期間で関係を変えることはまず不可能です。
表向きはセフレの関係を継続しながら少しずつ彼の心の中に入り込んでいけば、本命彼女になるというあなたの願いは叶うかもしれません。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!