復縁カップルが別れやすい理由7選

LINE@

やっとよりを戻せたと安心してはいけないのが「復縁」。
復縁したカップルはまたすぐに別れると言われています。

せっかくたくさんの障害を乗り越えて復縁できたわけですから、今度こそ末永くラブラブな関係を保ちたいものですよね。
そのためには復縁後にまた関係を悪くしてしまう原因や理由は、極力取り去っておきましょう。

復縁したカップルが別れやすいと言われてしまうのはなぜなのでしょうか。
今回は、復縁カップルが別れやすい理由について検証してみましょう。

復縁カップルが長続きしない理由

お互いの欠点が改善されていない

互いに認識していた欠点を改善しないまま復縁したカップルはまたすぐに別れてしまう可能性が高いです。
働かない彼が仕事を始めていたりギャンブル好きだった彼がきっぱりやめていたり、2人が付き合っていく上で明らかに障害となる事柄を改善することは、復縁するにあたってはあたりまえのことでしょう。
同じように性格面でも2人が付き合っていた頃に衝突していた面があったのならば、復縁前に直しておかなくてはいけません。

復縁する過程でお互いの嫌なところを認識して改善した上での復縁であればうまくいく可能性が高まります。
復縁後もさらにいい関係になれるでしょう。
性格面での不満は復縁後のケンカの要因になりやすいので、改善できていなければ復縁しても続かない人が多いのです。

新鮮さがない

「相手の知らなかった一面を発見できる」ことはお付き合いをする上での楽しみのひとつです。
しかし復縁すれば相手は元彼です。
当然のことですがその楽しみを味わうことはできません。

お互いを知り尽くして「新鮮さ」がなくなっていることは、復縁カップルが別れる理由の一つとなります。

お付き合いが始まる時は「これからどんな生活が待っているのだろう」と想像するだけでもワクワクしますよね。
このようなドキドキは、お付き合いをする上でとても大切な要素となります。
しかし復縁カップルにおいては「性格を知り尽くしている」「好きな食べ物も全部知っている」など新しい発見は少ないです。

デートもお馴染みの場所が多くなりがちで、せっかく復縁したにもかかわらずいつしか「楽しくない」と思ってしまうことも。

そのため「私にはやっぱり彼しかいない!」と思って復縁に至っても、いざヨリを戻すと「想像と違った」と感じてしまうことが多いのです。

別れの原因を解決していない

別れの原因となった過ちを復縁したあとも繰り返してしまうことは案外多いです。
復縁カップルが別れる理由は、また同じ内容で揉めることが多いからだといえます。

もし相手の浮気が原因で別れた場合、彼は「今までの自分を変えよう」「生まれ変わろう」と思って復縁を決意すると思います。
あなたも「もう大丈夫」「彼は変わってくれた」と信じているはずです。

しかしそう簡単に変われないこともあるのです。
なので復縁カップルはまた同じ理由で喧嘩を繰り返して「あのときもそうだった!」「全然変わっていない!」と言い争いをしてしまうのです。

最悪の場合は同じ喧嘩を繰り返すことでまた過去の怒りや相手の悪いイメージが蘇ってくることでしょう。

そのため復縁をする前に「過去の話は持ち出さない」など、2人の決まりを作っておくことが大切だといえます。

別れた時のトラウマが残っている

振られた側は別れの時に感じた「辛さ」や「悲しさ」で心に深い傷が残ることがあります。
復縁カップルが別れる理由の一つにその時のトラウマが消えていないという原因があるのです。
トラウマを引きずっていると、もしヨリを戻したとしても相手を見るたびに「また別れてしまうかもしれない」と考えてしまいます。

すると「もう絶対にあんなショックを受けたくない」と、そのことで頭がいっぱいになってしまうことも。
「これを言ったら嫌われてしまうかな」と、別れることを恐れて相手に過度に気を遣ってしまうのです。

相手の顔色を伺ってばかりだと、せっかく一緒にいても気が休まることがありません。
このようにトラウマが原因で会話がぎこちなくなったり気まずい雰囲気になったりすることがあるのです。
よそよそしい態度はすぐに相手に伝わってしまうものです。
こんな空気感の中でお互いが付き合っていくことに疲れてまた別れることになってしまうのです。

寂しさを埋めただけ

寂しい気持ちに耐えられず勢いでよりを戻した復縁カップルはまたすぐに別れてしまうと言われています。
どんなにひどいケンカ別れだったとしても、別れた後は心にぽっかりと穴が開いたような気分になるものです。

しかし別れた後に感じる寂しさは、急な生活の変化にまだ慣れていない一時的な感情でしかありません。
具体的には「毎日連絡をとっていたのがなくなる」「頼りたいときに頼れない」などの理由が考えられます。

そのため未練が残っていなくても、「寂しい=まだ好き」と勘違いしてしまうことがあるのです。
このような一時的な感情と生活の変化に耐えられずに復縁してしまったカップルは多くいるのです。
別れてから「寂しい」という感情だけで過去の恋にすがってしまうことがないように、気持ちをコントロールする必要があると言えます。

妥協している

別れると「また一から恋愛か・・・」といった何ともいえない気分になることがあるでしょう。
結婚に焦っているなら尚更「今からまた恋愛を始めるなんて面倒!」と思ってしまいます。
こんな時に「やっぱり元彼でいいや」と妥協してしまっては、復縁してもまた別れることになるでしょう。

妥協して付き合うと以前より嫌な部分が目に付くようになりがちです。
そして結局は「復縁しなければよかった」と思ってしまうのです。
新しい恋愛をすると「出会ってデートを重ねて告白」といった段階を一から始めなければいけません。
いいなと思う人が周りにいないと「また出会うことからはじめるのか」と先が思いやられるのです。

復縁カップルの中には「一から恋愛を始めることが面倒くさい」といった理由でよりを戻すケースが多いのです。
好きな気持ちは戻っていないのに結婚までをショートカットしたい一心でヨリを戻しても長続きするはずがありません。

別れのハードルが低くなる

復縁カップルが別れやすい理由は「別れること」が常態化しやすい点があげられます。
普通のカップルの場合は喧嘩してもよほどのことがない限り「別れよう」という話にはならないでしょう。
お互いに一緒にいるという前提のうえでの喧嘩なので、別れるという選択肢はありません。
ですが、復縁カップルとなると話は別になります。
喧嘩をした時、わりとすぐに「やっぱりうまくやっていけないのかな」という気持ちになってしまう人が多いでしょう。

つまり、一度別れを経験しているからこそまたケンカのたびに別れを考えることが選択肢としてアリになってしまうのです。

復縁カップルに「付き合っては別れて・・」を何度も繰り返してしまう傾向があるのはこのためと言えるのです。
ちょっとしたことでも別れ話に繋がってしまうのです。
復縁カップルが長続きしない理由の一つには、別れを考えることが常態化しやすいという点にあります。

まとめ

いかがでしたか?

いくつかご紹介しましたが復縁カップルが必ずしも別れるわけではありません。
最悪の結果を回避するためにも、別れの原因になりやすいことは事前に把握しておきましょう。
よりを戻したことをきっかけにしてゴールインするカップルも中にはいるのです。

今回の記事が元カレとよりを戻そうか悩んでいるあなたの参考になりますように。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!