復縁できる可能性、高い人と低い人の違い10選

LINE@

別れてしまった元カレとなんとかして復縁したいと思うけど、復縁できる可能性がどれくらいあるか不安になりますよね。
やみくもに復縁を迫るより今の状況を冷静に判断して行動することが大切です。
今日は、元カレとよりを戻すことは可能なのかまた具体的にどう動けば可能性が上がるのかをお話ししましょう。

復縁の可能性が高い条件

復縁の可能性の高い条件
どのような条件がそろうと復縁の可能性が高まるのでしょうか。

別れたあとでも連絡できる

失恋直後は早く忘れたいという気持ちが先に立ち、相手のSNSやLINEをブロックしてしまいがちでしょう。
しかし反対の立場で考えてみると、彼は拒絶されてしまったと絶望して傷ついているかもしれません。
心底嫌いになったわけではないのなら、ブロックはせずに静観するのがベストです。

反対に元カレがあなたのSNSやLINEをブロックしている場合、拒絶の意思表示であると考えられます。
なので、その状態で無理に連絡を取ろうとすると「しつこい」と疎まれてしまう可能性が高いので要注意です。

元彼女がモテていると知る

男性は、別れてもなぜか元カノが自分のものだという意識が消えません。
そのため、元カノが他の男性からモテているのを目にすると、自分のものを奪われたくない気持ちが芽生えるのです。

例えば、あなたのSNSに男性からよくコメントがついているだけでも、元カレは気になってしまうものです。
ただ、元彼が復縁を意識するのはあなたが男性からアプローチされている時であり、あなたの男遊びが激しくなった時ではないので、そこは注意しましょう。

別れてから3ヶ月以上経過している

別れてからの時間の経過は「冷却期間」となります。
一般的には別れてから3~6ヶ月の期間が経過したあとで相手との復縁が成功していると言われています。
別れた後は悲しみや怒りなどで、自分では気づかないかもしれませんが冷静ではありません。
それはあなただけではなく、相手も同じです。
そんな状態で連絡を取ってしまったり気持ちを伝えても、感情に任せることになりがちで二人の関係はさらに悪化してしまいます。

別れた後に時間をおかずに連絡を入れてしまうと、相手がうっとうしい、しつこいと感じてしまい何も反省していないと思われてしまうでしょう。
だからこそきちんと冷却期間を設ければ、別れの原因を考えたり自分を見つめなおしたりできるのです。

自然消滅で終わった

自然消滅でなんとなく終わってしまったお付き合いの場合も復縁の可能性は決して低くないです。
これは、他のケースと違って別れ際の印象が悪くないからです。

自然消滅ということは、とくに喧嘩もせず、言い合いにもならず、なんとなく離れている状態だと思います。
ですから、また会う機会が増えてくると、「また恋に落ちる」という可能性も高いのです。

別れてから体の関係はもっていない

大切な人を失ってしまうくらいならば、どんなことをしても繋ぎ止めておきたいと思うのが普通でしょう。
確かに体の関係を持てば、たとえ一時だけでも安心感は得られて、このまま復縁できるかもとも思えるかもしれません。

しかしそのまま「セフレ」になってしまったとすれば、あなたはいつか元カレが本命彼女と会っているのを知りながら、会えない時間を寂しく過ごすことになるかもしれません。
体の関係を持ってしまってからの復縁は難しいといえるでしょう。

別れてから復縁を迫っていない

別れたあとに「よりを戻したい!」「復縁して!」「やり直したい!」としつこく追いかけていないのであれば復縁の可能性は高いでしょう。

反対に、復縁したい一心で彼をしつこく追い回してしまっていた場合は別れたあとの印象が悪くなっているため復縁への可能性は低くなりがちになります。
復縁するにあたっての印象を非常に左右しますので、気をつけておきたいところです。

別れた原因を理解できている

恋人と別れるというのは、別れるだけの理由があったのは事実だと思います。
まずは元カレとなぜ別れたのか?という理由をよく考えましょう。
理由を考えてみると、もしかすると自分に大きな非があった可能性もあるでしょう。

自分に非があったことを理解せずに、簡単に「復縁したい」と言っても相手からすると怒りが湧いてくるでしょう
反省や改善をしておらずに復縁を求めても相手は納得しません。
そのためにはまずはどんな理由があって別れたのかをきちんと押さえてみましょう。

復縁の可能性が低いケース

復縁の可能性が低いケース
逆に復縁の可能性が低くなるケースにはどんなものがあるでしょう。

別れ際に大げんかをした

喧嘩別れをして辛いと感じると、冷静になってからもう一度元彼と復縁したいと考えることは多いでしょう。
つらい2人の関係に終止符を打つために別れを切り出したけど、離れてみたらやっぱり好きだと辛い気持ちをかかえることはよくあります。
しかし、大喧嘩をしてしまったのならば、そのまま付き合い続けられない大きな理由があったはず。
別れて辛い、寂しい気持ちに飲まれたまま復縁をするとまた同じことを繰り返してしまいかねません。

また、大げんかの際に彼に対してひどいことを言い、傷つけてしまったことがあるならば、あなたの印象が悪くなっており復縁は難しい状況にあるでしょう。

元カレに今カノがいる

元カレに今付き合っている女性がいるタイミングは復縁が難しい場合があります。
元カレは今カノにあなたにはない魅力を感じている可能性が高く、色々な面であなたと比べているでしょう。
そこからもう一度好きになってもらうには、今の彼女に感じている以上の魅力を感じさせないといけません。
そのためには自分磨きをしてより魅力的になった姿を見せる必要があるでしょう。
もちろん、付き合っていた当時とは違った変化を見せることも大事です。

どこか嫌なところがあって別れたわけですから自分の悪かったところを改善してその変化に気付いてもらう必要があるでしょう。

「彼氏」という存在が欲しいだけ

「復縁したい」とはいうものの、元カレを好きだから復縁したいのではなく寂しいのに耐えられなくて復縁しようとする口にする人もいます。
そんな人は元カレに復縁を求めますが「寂しいから傍にいて欲しい」という気持ちを伝えている事に気付きません。

寂しいから傍にいて欲しいという気持ちを伝えても元カレは寂しさを埋める道具ではないので復縁を拒むでしょう。
「寂しいから復縁したい」という気持ちが見透かされると復縁の可能性も下がってしまいます。

まとめ

どんなに仲のいいカップルでも一度破局してしまったのならば、その関係を修復するのはそれなりに難しい状況になるでしょう。
売り言葉に買い言葉での別れ話の一時的な勢いで別れてしまったカップルは、元サヤに戻りやすいのに対して、真剣な別れ話を経て別れを決めたカップルほどよりを戻す可能性は低くなるのも事実です。
それでも「もう一度、彼とやり直してみたい」と思える相手がいるならば、気持ちを一度整理してみましょう。
もちろん復縁に至るには相手の気持ちや環境も大事です。
どうしても元カレを忘れられないのならば、無理に忘れようとせずまずは流れに任せてみるのもいいかもしれません。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!