不倫相手と会う時の口実12選

不倫相手と会う時の口実12選
LINE@

「不倫相手と会いたいけど、いい口実が見つからない」
「もっともらしい口実で不倫相手と会いたい」
「毎回不倫相手と会うための口実がめんどくさい」

不倫相手と会う時の口実は多くの人が悩みます。
会う頻度が多ければ多いほど、その口実や言い訳も毎回考えないといけません。

今日は不倫相手と会う時の口実を厳選してみました。

不倫デートにおすすめの場所9選

不倫デートにおすすめの場所9選

不倫相手と会う時の口実

不倫相手と会う時の口実11選

不倫相手と会うためには、何かしらの口実を準備する必要があります。
今回お話するのは「仕事」を口実にするパターンと「プライベート」を口実にするパターンの2つです。
もちろん人それぞれ状況が異なりますので、自分に適したものを選ぶのが良いでしょう。

仕事編

残業

仕事を口実にしたものの中でも最も多く使われているのが「残業」です。
不倫相手と会う時間を確保するにはある程度長い残業時間が必要になります。
残業は3~4時間程度の時間を確保するのに有効です。

具体的には、取引先とのトラブル対応や人員不足での緊急対応など、「自分では終わる時間が読めない」というシチュエーションがポイントです。
ただ自分の仕事が終わらなくて残業になったという口実は怪しまれやすいです。
「早く仕事終わらせてよ」「まだ帰ってこれないの?」など、むしろ急かされかねません。
自分のせいではないからどうすることもできないというシチュエーションをイメージしてください。

休日出勤

休日出勤は不倫相手と遠くに出かける際に有効な口実です。
これは半日程の時間を確保できます。
朝から夜遅くまでという長時間にはあまり向かないので注意してください。

休日出勤というのはイレギュラーな勤務なので頻発は避けましょう。
平日だけでは間に合わなかった仕事を休日に対応するものですが、残業のように夜遅くなるものではありません。
また、休日出勤なのに嬉しそうな様子を見せないように注意しましょう。
休日まで出勤して大変なはずなのに、なぜか身なりに気を使って表情も嬉しそうだと口実であることを見破られてしまいます。
休日出勤の際には帰宅時間を予め伝えておくと、配偶者には安心感を与えることができます。
休日出勤は残業ではあきらかに間に合わない仕事をこなすものなので、できるだけ事前に伝えておくことが重要です。

出張

出張は不倫相手とお泊りする際の口実に有効です。
出張なので丸一日の時間を確保することが出来ます。
日帰り出張もありますが、新幹線の終電に間に合わないことも想定して泊まりを前提にするのが良いです。

配偶者には何かしら出張先のお土産を用意しておくのが効果大です。
今の時代、ネット通販でどんな場所のお土産もワンクリックで購入することができます。
また、出張を口実にする場合、月1回程度が良いです。
また、毎月決まった日に出張ありとすることで確実に不倫相手とお泊りする時間を確保することができます。

取引先と会食

取引先と会食という口実は不定期に会う際に有効です。
よくあるパターンは打ち合わせ後そのまま会食という流れなので、4~5時間を確保することが出来ます。

取引先というのがポイントです。
社内の人間だと名前やその人の具体的な情報を伝えなければならない場合があります。
会食の相手が自分から距離の遠い人物像をイメージしましょう。
また、会食は仕事でもあるので、連絡がとりずらくなるという口実にもなります。

ゴルフ

ゴルフは日中不倫相手と会うための口実に有効です。
ゴルフは朝早くから家を出て、夕方帰ってくるものなので、その間は自由に使えます。
ただし、当たり前ですが、ゴルフを口実にする際はゴルフ経験者であり、ゴルフ用品を持っていることが前提です。
この条件がクリアできたら仕事の付き合いでのゴルフは1ヶ月に1回という時間を確保することが出来ます。

プライベート編

プライベート編

運動

フィットネスクラブやランニングなどを口実に不倫相手と会うことも可能です。
その場合、二人の住まいが近いこと、短い時間(2時間程度)でサクッと会えることが条件です。
ジムでのトレーニング時間は一般的に1~2時間です。
着替えやシャワーなども含めて2時間は確保することができます。
その間はトレーニングに集中しているので連絡が取りにくくなります。

トレーニングは比較的頻度の高いものですから、週に数回、短時間で不倫相手と会う場合に向いています。

飲み会

飲み会はよくある口実です。
確保できる時間は3~4時間程度です。

ただし、これは一番無難な口実ではありますが、この頻度が多いと不倫を疑われる以前に二人の夫婦関係に亀裂が生じる可能性があります。
逆の立場で考えてください。
自分は月に何度も飲み会と言って帰りが遅く、その帰りを待つ配偶者。
酔っ払って帰ってこられて、あまり気持ちの良いものではありません。
そういった事を踏まえ、相手に対する配慮は忘れないように。
月1くらいで考えましょう。

習い事

習い事は定期的に不倫相手と会うため向いている口実です。
だいたい習い事の後のお茶やおしゃべりを考えて4時間程度の時間が確保できます。
もちろん習い事である以上何かを学ばなければなりません。
配偶者には知られていない自分の特技に関連するような習い事であれば説明もしやすいと思います。

無難なのは「英会話レッスン」です。
大手の学校ではなく、個人的にやっている外国人家庭教師的な英会話教室というシチュエーションであれば、教材も書店で販売されているものを使うのでつじつまが合いやすいです。

実家に行く

これはその人の実家の場所や、配偶者も含めた家族の関係性、距離感により様々ですが、ハマる場合は鉄板です。

配偶者の家庭事情にはなかなか踏み込みにくいもの。
「実家で家族会議」「家庭内の事情」「実家から急に呼び出し」など、あまり周りには話せないような話題も多く、口実としてはそれなりに有効です。
ただし、あまりにも頻度が多いと怪しまれます。
年に数回ぐらいが良いでしょう。

ママ友などとの付き合い系

これは自分は乗り気ではないけれども、仕方がないというシチュエーションなので口実としては効果的です。
3~4時間ほどの時間が確保できます。

・親しい友人からの真剣な相談
・近所の集まり
・ママ友会

などがこれに相当します。
大事なのは、

「あくまでも誘いを受けた立場で、それを断ることができない」

というシチュエーションです。
個人的には親しい友人からの真剣な相談があると言われて、直接聞いてくるというパターンが良いでしょう。
この場合はその話の内容も秘密になるのでより自然になります。

映画

映画は不定期に会う際に使える口実です。
3~4時間は確保できます。

ネタバレサイトでストーリーを覚えておけばバッチリです。
寝てしまってあまり覚えていないというのは少し無理が生じます。
また、映画館では携帯の電源はオフにするのがマナーですから、急に連絡がきても言い訳できます。

地元の友人と遊ぶ

地元の友人は配偶者にとってかなり距離を感じる関係です。
地元の人間関係まで事細かに探ってくることはあまりありません。
配偶者と地元が異なる場合には有効な口実です。
地元が遠ければ遠いほど時間を確保しやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?

不倫相手と会う時の口実の中でももっともらしく、説得力のあるものを厳選してお話しました。
それぞれ自分の状況に応じて使い分けましょう。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手と別れそう
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと仲良くしたい
初回無料なので安心してお試し下さい。
error: Content is protected !!