【体験談】妊娠発覚で修羅場を迎えた不倫の末路

LINE@

不倫の結末は修羅場になることが大半です。

ハッピーエンドの不倫はなかなかありません。

そんな不倫の修羅場も多彩なもの。

今日はチアキさん(36歳)の修羅場体験談をお話します。

【体験談】不倫の罰があたったある女性の話
【体験談】不倫で修羅場を迎えた話(31歳 看護師)
【体験談】突然やってきた不倫の別れ
【体験談】不倫の修羅場(職場編)

チアキさんの場合

千秋さんが不倫をしたきっかけ

チアキさんは大手医療機器メーカーに勤務しています。
大学を卒業してからこの会社一筋で真面目に仕事をしていました。

結婚は5年前。

夫は会計事務所で働いています。

二人は出会ってからすぐに交際を開始し、1年という短い期間でゴールインしたのです。

二人は結婚後、幸せな毎日を過ごしていました。
その後も順調に結婚生活が続き、そろそろ子供が欲しいといった会話もちらほら。

彼らの人生設計は順調のようでした。
しかし、予想できない修羅場が待ち構えていたのです。

チアキさんはとても勤勉で、職場では同僚や上司からの信頼も厚く、優秀な社員でした。

ある日彼女は、仕事の新しい長期プロジェクトででリーダーに抜擢されました。
彼女にとっては、願ってもないポジションです。

プロジェクトが進むに連れ、仕事が忙しくなってきました。
そんな中、プロジェクトを一緒に進めているテツヤさん(33歳)は、サポート役として
チアキさんのフォローをしてくれました。

彼は独身で1年前に転職してきました。
社内では仕事を熱心にこなしつつも、社交的な性格なので社内では人気者です。
テツヤさんはチアキさんより年下ですが、しっかりして頼りがいのある人物でした。

その後、残業が増えてきました。

残業はだいたい、チアキさんとテツヤさんの二人。
帰りに夕食を共にすることもしばしば。

チアキさんとテツヤさんは職場で一緒に過ごす時間が増えていき、二人で飲みに行くような関係になりました。

そんなある日のことです。

いつもの残業後に食事に行き、近くのバーで軽く飲んで終電で帰ろうと駅に向かう途中でした。

「俺、チアキさんのこと好きになっちゃいそうです(笑)」

とポロリ。
チアキさんは彼の発言に ビックリしましたが、ちょっと酔っているのかなと思う節もあり、笑顔で

「私も(笑)」

と冗談交じりに返しました。

その日二人はそのまま終電で帰宅しました。

この時点で二人はお互いに好意を抱いていることを実感していたのです。

次の日、チアキさんが出社すると、テツヤさんが笑顔で

「おはようございます。」

と普段と変わらない挨拶をしてきました。
チアキさんも、

「おはよう。」

と返しました。

その日以降も二人は一緒に残業し、食事に行ったり飲みに行きました。
二人の距離は徐々に縮まっていきました。

そして、ついにその日がやってきます。
いつものようにチアキさんとテツヤさんは食事をしている時です。
そこでテツヤさんが、

「チアキさんが結婚しているのは知ってます。だけどもっとチアキさんと一緒にいたいです。」

と照れくさそうに言いました。
チアキさんは最初どう返事をしたら良いか悩みましたが、

「ありがとう。」

とだけ返事をしました。
食事をすませ、お店を出た時、テツヤさんはチアキさんの手を強く握りました。

彼女は恥ずかしそうにうつむき、テツヤさんに手を引かれるがままホテルに向かったのです。

チアキさんとテツヤさんの不倫関係が始まりました。

順調な不倫関係

順調な不倫関係

チアキさんはテツヤさんに告白された当時、自分が不倫をしているという自覚がありませんでした。

あまりにも自然な流れで進んでいったので、彼女は流れに身を任せるように不倫を始めてしまったのです。

テツヤさんはその後も職場では普段と変わらない態度でした。

チアキさんは最初、テツヤさんの事を職場でも意識していましたが、彼の落ち着いた振る舞いに安心し、すぐにいつものペースを取り戻しました。

その後も二人は週1くらいの頻度で会っていました。
チアキさんは夫に対し残業を言い訳に、うまく乗り切っていました。

彼女はこの時既に、不倫の沼に飲み込まれていったのです。

二人の関係は職場の人間には全くバレませんでした。

  • 残業のときしか会わない
  • 週1以上は会わない
  • 誰にも相談しない

というルールの元、不倫関係を続けていました。

チアキさんは夫に対して何も不満はありません。

ただ、テツヤさんの純粋な気持ちがストレートに突き刺さり、結果的に不倫関係を受け入れたに過ぎません。

もちろん当初は、夫に対する後ろめたさがありました。
しかし、それ以上にテツヤさんの純粋な思いが彼女には魅力的に写ったのです。

職場不倫がバレないための10の鉄則
不倫がバレないコツ12選
芸能人の不倫から学ぶ不倫がバレない方法9選

不倫がバレてしまった

不倫がバレてしまった

二人が関係を持ってから約2年が経過しました。
変わらず二人は適度な距離をキープしなが関係を続けています。

そんなある日の朝、チアキさんはどうも体調がすぐれません。
吐き気と眠気でその日は仕事を休みました。

その次の日も相変わらず回復しません。
心配になったチアキさんの夫は、彼女を総合病院へ連れていきました。
診察を受けたのは内科です。

医師に症状を伝えると、

「ちょっと産婦人科の先生に診てもらいましょうか。」

と言われ、産婦人科で別の先生に診察してもらいました。
すると、

「旦那さん、おめでたですよ。良かったですね。」

と言われました。

チアキさんの夫は愕然としました。
チアキさんとはもう半年以上もセックスレスだったからです。

診察の帰り、二人は無言でした。
家に到着すると夫は、

「全く理解できない。不倫でもしてるの!?」

と問い詰めました。
チアキさんは、

「してるわけないじゃない!」

と返すと、

「じゃあ、なんでセックスしてないのに妊娠してるんだよ!」

「・・・。」

彼女は何も言い返せませんでした。

不倫発覚そして離婚

千秋さんのその後

彼女はその後すぐに妊娠の事実をテツヤさんに話しました。
彼は、

「えっ、俺の子ですか!?それ本当ですか!?」

と驚きましたが、一向に自分の子だと認めようともしませんでした。

日に日にお腹は大きくなり、会社にも隠すことができなくなってきます。
チアキさんは悩みに悩みましたが、夫の子供を妊娠したという理由で退社することに決めました。

テツヤさんの子などとは口が裂けても言えませんでした。

その後もチアキさんは夫に対して最後まで不倫を認めませんでしたが、妊娠という事実はもちろん隠すことはできません。

チアキさんの夫は、

「もうこれ以上耐えられない。離婚しよう。」

と記入済みの離婚届をチアキさんに手渡しました。

彼女にはそれを突き返すことはできませんでした。

千秋さんのその後

チアキさんは離婚後、悩み続けましたがテツヤさんとはもう連絡を取るのをやめました。

彼は一向にお腹の子が自分の子だと認めようとしなかったからです。
そして彼女は覚悟を決めました。

中絶することにしたのです。

妊娠19週目、タイムリミット直前の決断でした。

自分と生まれてくる子供の将来を考えた結果、一人で生きてゆく自信がありませんでした。

中絶は無事に終わりました。
彼女は手術後ずっと涙が止まりませんでした。

それから3年という月日が過ぎ、現在チアキさんは保育士をしています。

生まれてくるはずだった子供への罪滅ぼしなのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

平凡な日常生活から一転、職場不倫の泥沼にはまってしまったチアキさん。

その代償は非常に大きく、傷が癒えることはありません。
不倫は案外身近にあるもので、一歩足を踏み入れてしまえば、想像以上のリスクを伴います。

傷つけるものや失うものも多く、ただ後悔ばかりが残ります。

こうなってしまわないよう、後ろめたさを感じたら、すぐに関係を断ち切る勇気を持つことが何よりの自分自身を守ることになるのです。

チアキさん体験談は不倫をしている人に対しての注意喚起です。
不倫の先にはこのような結果が待っているということを忘れないでください。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!