【体験談】不倫の誘惑に負けて後悔した話(同窓会編)

LINE@

不倫のきっかけは様々ですが、意外にも多いのが同窓会での再会です。
同窓会ではお互い既婚者であることも多く、同級生同士のW不倫に発展するケースも多々あります。
今日は敦(あつし)さん(仮名 36歳)の体験談です。

それでは始めましょう。

不倫のきっかけ12選
不倫しやすい職業12選

元カノと同窓会で再会

元カノと同窓会で再会

私は過去に不倫の誘惑に負け、それがきっかけで離婚した経験があります。
不倫をしたきっかけは高校の同窓会です。
今となっては過去の出来事ですが、その傷は今でも癒えることはありません。

数年前のことですが、高校の同級生から同窓会のお誘いがきました。
私は当時、結婚していて小学生になる子供が一人いました。
高校時代の同窓会は初めてで、久しぶりにみんなの顔が見たいと思ったのと、当時の男友達から私の元カノ(Y子)も参加すると聞いたので、懐かしさとワクワクした気持ちが入り混じって参加することにしました。

同窓会の当日、私はかなり緊張していました。
高校の同級生とは15年以上も会っていませんでしたし、元カノがどんな風になっているのか想像しただけで心臓がバクバクしていました。

会場に到着すると、そこにはもうすでに20人以上も友人達が集まっていました。
その中には当時の元カノもいました。
彼女は長い黒髪で、背も高い方でした。
付き合っていた当時は可愛いという印象でしたが、30歳を過ぎた彼女は大人の上品な雰囲気がありました。
付き合っていた当時よりも綺麗になっていたのです。

Y子とは喧嘩別れしたわけではないので、特に気まずさはなく会場で目が合うとすぐに話しかけてくれました。
私は彼女と久しぶりに挨拶をし、高校時代の思い出や近況を話しました。

彼女は現在結婚して子供が二人いるようです。

会話も弾み、純粋に楽しかったのを覚えています。
気づいたら同窓会はあっという間に終わっていました。

私は帰りにY子とLINEを交換して別れました。
お酒も飲んでいたし、その場のノリという感じだったので、特別な意識はありませんでした。

不倫の誘惑

同窓会が終わってから1週間ほど経つと、意外にもY子の方からLINEがきました。
同窓会が楽しかったという話題がメインでしたが、近いうち一緒に飲みに行かないかという誘いでした。

私は少しビックリしました。

お互い既婚者だと分かっているにも関わらず、二人だけで会おうと言ってきたY子。
誘われて嫌な気持ちにはなりませんでしたが、家族の事が頭をよぎり、正直複雑な気持ちになりました。
しかし、私には断る理由は特になかったので会うことにしたのです。

彼女とはそれから1週間ほど経ってから居酒屋に飲みに行きました。
私はいつも通り仕事を終え、会社の近くにあるお店で彼女と合流しました。
その日の店内は会社の同僚など知り合いもおらず、私は予約していた個室で彼女と食事をしました。

彼女とは同窓会と同じような雰囲気で、いろいろな話をしました。
話題には特に決まったテーマはありませんでしたが、お互い既婚者なので家族の話が多かったのを覚えています。

Y子はどうも旦那との結婚生活が上手くいっていないようでした。
旦那はいつも帰りが遅く、彼女は家事や育児でハードな毎日に疲れ切っているようで、その息抜きとして私と飲みに行きたかったようです。

Y子は私の元カノですので、彼女の考えそうなことはなんとなく分かりました。
そのような状況の中で彼女も話しやすかったのでしょう、私はずっと聞き手に回りながら彼女の話を聞いていました。
彼女はそれに安心していたようで、日頃から溜まっていたストレスを吐き出していたと思います。

お互いお酒が好きなのでその日はかなり飲みました。
そして、その勢いでラブホテルに行ってしまったのです。

帰宅は深夜1時頃でした。

襲いかかる葛藤と後悔

翌日、私は妻と子供に対し、後ろめたさと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
これまで家庭には不満はないどころか人並み以上に幸せだったと思います。
毎日充実した生活を送っていました。
それなのに私は元カノと不倫をしてしまいました。
このまま不倫が続くのはさすがにまずいと思い、私はY子とはもう会わないと心に決めました。

しかし、人間の覚悟などいくらでも誘惑に負けてしまうものです。

翌週になると、再びY子からまた会いたいというLINEがきて、私はその誘惑に負け、流されるように再び彼女に会ったのです。

こうなってしまうともうブレーキはかかりません。
私とY子は完全にズブズブの不倫関係にハマってしまいました。
当時は家族に対する罪悪感や後悔などで悩んでいましたが、そういったものはどんどん薄らいでいき、彼女を求めるようになりました。

それは段々とエスカレートしていき、最初は仕事が終わってから会うだけの関係から、休日にゴルフと妻に嘘をついて温泉旅行に行ったり、出張と言い訳をして朝から晩までY子とラブホテルで過ごすようになりました。

不倫を「やめられない人」と「やめた人」の違い
不倫をやめる方法6選

破滅の始まり

破滅の始まり

そんな私とY子のW不倫もそう長くは続きませんでした。

彼女とのW不倫が始まってから10ヶ月が過ぎた頃、仕事が終わり、そのまま帰宅すると部屋の中が真っ暗でした。

人の気配もありません。
私は急に不安になり妻に電話しましたが、電話に出ません。

すべての部屋をチェックしましたが、妻も子供も見当たりませんでした。
1時間ほどすると、家の固定電話に電話がかかってきました。
受話器の先の声は妻でした。

私:「もしもし」
妻:「・・・」
私:「いまどこにいるんだ?子供も一緒か?」
妻:「あなた、不倫してるでしょ」
私:「何言ってるんだ?そんなわけないだろ!」
妻:「この裏切り者。」

そう言い残して、妻は電話を切りました。

私は体中から一気に変な汗が出てきました。

その後も妻に何度も電話しましたが、一切電話には出てくれませんでした。

次の日から私一人の生活が始まりました。
朝起きてから家に戻ってきて寝るまでずっと1人です。
Y子とは連絡を取っていましたが、会う気にもなれませんでした。
また、妻にバレたことは秘密にしておきました。

それから1週間後、私の携帯に弁護士から電話がきました。
今回の件で話があるとのことで、自宅近くの喫茶店で弁護士と妻と私の3人で会うことになりました。
私はとにかく妻の顔が見たかったのですぐに予定を合わせて会いに行きました。

3人とも席に座り、まずは飲み物を注文しました。
妻はずっとうつむいたまま、私の顔を見てくれません。
そして、弁護士が彼女に代わって話を切り出しました。

弁護士:「単刀直入にお伝えすると、あなたの奥さんは離婚を希望しています。」
私 :「なぜですか?」
弁護士:「何か身に覚えはありませんか?」
私 :「いえ、ありません。」
弁護士:「そうですか。それなら仕方ありません。こちらが離婚の原因になります。」

そう言って、弁護士は私の目の前に、私とY子がラブホテルに出入りする写真を何十枚も見せてきました。
さらには、温泉旅行に行った時の写真や、夜中の公園の木の影でセックスしている写真など、青ざめるような不倫の証拠がテーブルに乗らないほど出てきました。

私は完全に言葉を失いました。
自分の中ではY子との不倫がバレないように細心の注意を払っていたつもりでした。
しかし、それは完全に私の思い上がりだったのです。
気がつくと妻は私をずっと睨みつけていました。

私は消え入りそうな声で、
「ごめん。」
と言いました。
彼女は私を睨みつけたまま何も話しません。
そして、弁護士が代わりに口を開きます。

弁護士:「これでもあなたはY子さんとの不倫を認めませんか?」
私 :「・・・」
弁護士:「あなたの奥さんは精神的に限界のようです。」

そう言い、弁護士は私に妻が署名した離婚届を差し出しました。

弁護士:「これからどうするかはあなたの自由です。ただし、ここから先は私があなたの奥様の代理人として対応します。」

そう言って、私に弁護士事務所の名刺を渡してきました。
私は完全になすすべを失い、絶望的な気持ちのまま、帰宅しました。

チェックポイント

突然、弁護士を通して離婚を切り出された敦さん。

彼は不倫がバレていないと思い込んでいたようですが、実際は全て奥さんに筒抜けでした。

今回は写真を証拠として出されましたが、ラブホテルに入る時間をずらしたり、部屋で待ち合わせ(現地集合、現地解散)をしていればこんなことにはなっていなかったはずです。

不倫がバレないコツ12選
不倫がバレないホテルの選び方6選

離婚、そしてその後

離婚、そしてその後

その後、私は妻と離婚しました。
最後の悪あがきとして、ネットで調べた弁護士事務所に相談しに行きましたが、離婚は免れられないだろうと言われ、諦めました。

私はY子に連絡し、事の顛末を話しました。
彼女は何度も謝罪しましたが、私は謝ってほしかったわけではなかったので、特に怒りも責めもせず、別れの挨拶をしました。

さすがにこうなってしまっては彼女と不倫を続ける気持ちにはなれませんでした。

私はY子の連絡先や写真などすべての思い出を携帯から削除しました。

その後彼女がどうしているかは知りません。
ただ、同窓会で再会した男友達曰く、私とY子のW不倫は同級生の間では噂になっており、私が離婚したこと、Y子もその後不倫がバレて離婚したようだという話が広まっていたようです。

今更後悔しても意味がありませんが、あの時、同窓会に行かなければよかった、Y子と会わなければよかったなど、後悔が頭から離れません。
すべては私がいけないのです。

自分の犯した過ちが家族を傷つけ、そして私から何もかも奪っていきました。
私の不倫と離婚の噂もどこからともなく社内に知れ渡り、気まずくなって私は会社を辞めました。

私は現在、夜間警備の仕事をしながら妻への慰謝料を捻出し、細々と生活しています。

現実を受け入れるしかありません。
その先にある未来が今の私には全く見えず、不安な毎日を過ごしています。

まとめ

いかがでしたか?

敦さんはY子さんと同窓会で再会するまでごく普通で幸せな生活をしていました。
しかし、同窓会をきっかけにY子さんと不倫をしてしまい、そこから一気に奈落の底へと落ちていきました。

不倫のきっかけは身近なところにあります。
自分には縁がない、不倫とは程遠いなどと、あまり自覚がない場合も多いです。
しかし、実際は今日の話のよう、に同窓会など誰もが経験するような場面にも不倫のきっかけが潜んでいます。

そして、勢い余って不倫関係を持ってしまうと、そこから一気にドツボにはまってしまいます。
不倫が始まった当初はその場の勢いもあり、危機感を抱くことはあまりありませんが、徐々にそのリスクの大きさに気づき、いつの間にか追い詰められているという状況になってしまうのです。

不倫をするもしないも自由です。
ただ、不倫をすることで背負うリスクを事前に考えておくということはとても大事なことです。

「後悔先に立たず。」
今日はみなさんにこの言葉を送ります。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!