不倫を「やめられない人」と「やめた人」の違い

LINE@

「不倫相手とずるずる続いている」

「不倫をやめたいけど、やめられない」

「不倫相手と別れたいけど、タイミングがつかめない」

不倫をやめようと思っていても、なかなかやめられない人は多いです。

なぜ、不倫はやめられないのでしょうか?
それには理由があります。

今日は不倫を「やめられない人」と「やめた人」の違いについてお話します。

不倫を「やめられない人」の特徴

不倫がやめられない原因

不倫は一度始まってしまうと、そう簡単にはやめられません。
この「不倫をやめられない」という悩みを抱えている人が非常に多いのです。

この悩みを解決するためにも、原因について知る必要があります。
以下に見ていきましょう。

【要注意】不倫にハマる女性の特徴とリスク12選
W不倫にハマる人の特徴とそのリスク

セックスの相性が良いから

不倫は基本的に肉体関係が大前提の関係です。

男女関係においてセックスの相性が良いということは、関係が長く続く理由の一つになります。

これには人間の本能的な欲求である「性欲」がストレートに影響しています。

一方、精神的な相性というのは、肉体的な相性よりも複雑です。

お互いの頭の中にあるものが常にシンクロしているわけではありません。

不倫関係において、体の相性の良さは不倫をやめられない大きな原因の1つになります。

不倫相手が常に受け入れてくれるから

不倫をやめられない理由を考えた時に、不倫特有の性質があります。

不倫相手は既婚者ですから、基本スタンスとしては、

「来る者拒まず、去る者追わず。」

になります。

既婚者は不倫がバレることだけはなんとしても避けたいので、事を穏便に進めようとします。

ですので、相手が受け入れてくれる限り不倫は続きます。

逆の立場からすると、

  • 常に自分を満たしてくれる
  • 常に愛してくれる
  • 常に求めてくれる

ということになります。
これが発展していくと、

「いつかは一緒になれるんじゃないか」

という期待まで抱いてしまいます。

ただし、これはただの思いこみである場合がほとんど。

つまり、不倫はお互いにとってただ「都合が良い関係」に過ぎません。

不倫という関係は男女の利害が一致している場合が多いので、やめようと思ってもやめる理由が見当たらない事もしばしばあり、惰性で続いてしまうことも多いです。

度が過ぎてしまうとまるで操り人形のようになってしまうリスクもあるため注意が必要です。

スリルと快楽が強いから

「罪悪感と快楽のせめぎ合い」

不倫は社会的、道徳的に受け入れられないものです。

しかし、それこそが不倫というものの魔力でもあります。

バレてはいけないというスリルと、陶酔感。
そしてそこから生まれる強い快感は、一度味わってしまうと病みつきになってしまいます。

不倫によって得られる強い刺激は、一種の中毒性を持っているのです。

世の中から不倫がなくならないのもこのせいだと言えるでしょう。

肉体的な快楽と精神的な快楽が合わさって、より強烈な刺激をもたらすのです。

寂しいから

不倫がやめられない人は、肉体的にも精神的にも寂しがり屋が多いです。

彼らは極端に孤独を恐れます。

孤独感の埋め合わせに不倫をするのです。

男女限らず寂しさを不倫で紛らわす人は、案外多いもの。

しかし、不倫をする寂しがり屋は、ある意味自己中心的でもあります。

なぜなら不倫には割り切りの関係という一面があり、いっときの寂しい気分を紛らわせるには面倒な付き合いがなく都合が良いからです。

寂しがり屋はセックスで寂しさを解消し、一方相手は性欲を満たすという利害が一致するのです。

人に寂しいという感情が無くならない限り、不倫はなくなりません。

刺激がほしいから

背徳感にハマってしまうケースです。

不倫には「バレてはいけない」「いけないことをしている」というスリルが付きものです。

これにより、未婚男性との通常の恋愛よりも刺激的な恋愛になってしまうのです。

「バレないように楽しむ」

「いつでも会えるわけではないから特別感がある」

などの不倫関係ならではの制限に刺激を見出してしまってやめられなくなるのです。

ただ単純に好きだから

純粋に不倫相手のことが好きで、不倫をやめることができない人もいます。

不倫関係を持つ刺激よりも不倫相手に対しての「好き」が上回っているため、不倫をやめる理由が見つからないのです。

この状況では目の前の相手しか見えないため、バレるリスクを考えずにズルズルと関係が続く可能性があります。

とても危険な状態と言えます。

将来を期待している

「今は不倫関係でもいずれは普通の恋人のように会える」

「いつかは結婚できる」

などの期待を抱いているケースです。

不倫相手には今は配偶者がいる状態ですが、これから先がどうなるかはわからないものです。

お互いに「この人しかいない」という気持ちがあれば、離婚して一緒になることも可能です。

しかし、現実ではそううまく行かないケースがほとんどです。

二人の明るい未来を強く期待している場合は、不倫はやめられないでしょう。

パートナーとの関係が冷めている

パートナーとの関係性も不倫がやめられない理由の一つになります。

パートナーと良好な関係が築けていれば、パートナーと一緒に過ごす方が居心地がいいはずです。

しかし、パートナーとの関係に何らかの問題が発生してしまうと、他に自分を理解してくれる異性や、癒やしてくれる異性を求めてしまいます。

その結果、不倫相手といるほうがパートナーよりも居心地がいいと感じることとなり、不倫がやめられなくなるのです。

家庭に居場所がない

家庭は心身ともにリラックスできる場所です。

しかし、不倫をしている人はそんな家庭に居心地の悪さを感じていたり、居場所がないと感じていることもしばしば。

ライフサイクルとともに家庭の状況は変化していくものです。

特に、子供が大きくなって反抗期を迎えるなどすると、家庭はゆっくり休める場所ではなくなることもあります。

また、結婚してから年月が経過すれば、夫婦の関係もかつての恋人同士のようなラブラブな雰囲気になることもなくなります。

結果、家庭にいる楽しさや意味が見いだせなくなるのです。

不倫を「やめた人」がしたこと

不倫を「やめた人」がしたこと

それでは、不倫を「やめた人」はどのようにしてやめることができたのでしょうか?

次は不倫をやめることができた人たちが行っていたことについてお話します。

なかなか不倫をやめられない人は参考にしてみてください。

不倫がバレたときのリスクをイメージする

なかなか不倫をやめられない人は不倫の良い面ばかりに目が行き過ぎてしまっているため、不倫をやめたくなるなるようリスクをイメージすることが大事です。

不倫のリスクとは何か?

バレた時はどのような制裁を受けるのか?

このままでも大丈夫?

当然ですが、不倫がバレて社会的な制裁を受ける人は少なくありません。

既婚男性は不倫していることがバレると、奥さんに多額の慰謝料を支払わなければいけない状況に陥ります。

しかし、不倫相手の女性も慰謝料を請求されてしまうのです。

リスクをより具体的にイメージすることで、不倫をしていることがどれほど危険なことか理解することができます。

女性が不倫をやめたくなった理由9選

プライベートを充実させた

不倫をしてしまうのはそれだけの時間があることが原因とも考えられます。

不倫について考える時間を減らすことに意識を向けましょう。

つまり、趣味や仕事など不倫と会う以外のことに時間を割くようにすれば、自然と不倫相手のことを考えなくなり、それによって相手と会う回数が減っていきます。

楽しいことは不倫だけではありません。

きっぱり別れを告げた

不倫をやめたいと想っているのにもかかわらず、不倫を続けることは時間の無駄だと思いませんか?

悩む気持ちもわかりますが、そもそも不倫の関係は世間一般に受け入れられることではありません。

別れたいと思っている関係は幸せには続かないことは、あなた自身が一番分かっているはずです。

ここは勇気を出して不倫相手に別れを告げて前に進みましょう。

大事なことは「相手がどう思うか」ではなく、「あなたがどうしたいか」です。

今の相手に未来を感じないのであれば、すぐにでも別れを切り出して関係を絶ちましょう。

もし不倫相手が別れたくないと言うようならば、お互いに被る不倫のリスクを伝えてみるのも効果的です。

【もう終わりにしよう】不倫相手と上手に別れる7つのコツ

相手に関係するものをすべて消した

思い切って不倫相手との思い出の品や写真を全て捨てましょう。

そして不倫相手の連絡先を消去するのです。

これは最終的な手段ですが、どうしても不倫がやめられない人には実はとても効果的です。

ついつい不倫相手に連絡してしまうのは、連絡する手段があるからです。

そして、つい不倫相手のことを考えてしまうのは、相手から貰ったものや一緒に撮った写真があるからです。

彼につながるものを目にして無意識に一緒にいたいと想像し、惰性で関係を続けてしまうのです。

人によっては、こんなことをするのは相手が可哀想だと思ってしまうでしょう。

しかし不倫をやめたいと少しでも思っている時点で、その相手との未来はありません。

すべてまっさらにして次へ行きましょう。

まとめ

いかがでしたか?

不倫はなかなかやめられません。

しかし、その原因を知ることでやめるきっかけができたり、実際に不倫を断ち切る行動に出ることができます。

不倫をやめられない理由は様々ですが、根本的な部分は皆同じです。

もし、あなたが不倫をしている、しようとしているのであれば、今日の話を頭の片隅に置いておきましょう。

くれぐれも不倫に溺れて身の破滅を迎えることのないようにしましょう。

不倫をやめる方法6選
月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!