旦那が妻の妊娠中に不倫をする理由7選

LINE@

「妊娠中に旦那が不倫していた…。」
妻が妊娠中の大変な時期に、旦那が他の女性と不倫していたなんて話はよく聞きます。

どうして男性は妻の妊娠中に不倫に走ってしまうのでしょうか。

今日は妻が妊娠中にも関わらず男性が不倫をしてしまう理由と、不倫する旦那の兆候をお話します。
妊娠中に夫の不倫が発覚した場合の対処方法も一緒に紹介します。

【体験談】探偵を使って旦那の不倫を暴いた話

夫が妻の妊娠中に不倫をする理由

夫が妻の妊娠中に不倫をする理由

妻の妊娠中、旦那が他の女性と不倫するのには以下の理由があります。
人によって理由はありますが、ほとんどの理由が共通しているものです。
以下にそれを見ていきましょう。

妻とセックスレスになるから

妻の妊娠中は性的欲求があったとしても、お腹の中の子供に万が一のことがあってはいけないとセックスをひかえる夫婦も少なくありません。

そのため、セックスが行われなくなったり、回数が減ったりすることが大半でしょう。
こうした状況で、夫が性欲をうまく解消できなくなり妻以外の女性を求めてしまうケースがとても多いです。

そして、性的欲求を満たすために浮気をしたいと考えてしまい、我慢できずに不倫に走ってしまうのです。

男としての魅力に自信がなくなる

妻の妊娠によりセックスレスになることで、「自分に男としての魅力があるのか?」と自信をなくしてしまう夫もいるようです。
これから子供が産まれてずっとセックスのない生活をしなけばいけないのか?と不安に感じるのです。

このようなきっかけで、妻から男として見てもらえなくなったと考えた時、男性は家庭の外の「自分を一人の男として魅力的に感じてくれる誰か」を探したり、惹かれたりして不倫に走ってしまうことがあるのです。

妻の里帰り出産

出産は夫と住んでいる場所ではなく、実家のある場所で行うという女性も少なくありません。
そのような状況では、夫は独身時代ぶりに一人暮らしをすることになります。

夫は、家事をしてくれる妻がいなくなったことによる不便さを感じつつも、久々に一人になれたことで、つかの間の開放感を味わうでしょう。

仕事からの帰りが遅くなっても、外泊をしても、妻がそれに気付くことはほぼ不可能な状況です。
それゆえ、物理的な面から不倫に走りやすい環境が整ってしまうのです。

妊娠中の妻に女性らしさを感じなくなるから

女性が妊娠すると母性が強くなり、女性らしさがあまり見られなくなります。
また、妊娠をすると今まで着ていた服が着られなくなったり、体調のせいで余裕がなくなり化粧ができずに過ごしたりなど、今までとは違い女性らしい見た目からは遠ざかってしまいます。

このようなことがきっかけで「妻を女として見れなくなった」と感じる男性も少なくありません。

そうなると、男性は他のオシャレでキレイな女性に気が行ってしまいがちになります。

自分にかまってくれなくなるから

妊娠中の妻は出産に向けて体に気を使わねばならないとともに、出産に向けた準備をし、お腹の子供の生育状況に関心が向かうようになります。
一般的に、このような妊娠してから出産するまでの負担は、ほとんど妻の側でのみ負うことが現実です。
そのため、夫にかまったり家事をしたりする時間がなかなか取れなくなることが多いです。

妻と夫が一緒に出産に向けて支え合っていくことができれば理想的なのですが、なかなかそのようにできない夫婦が存在するのも現実です。

妻から相手にされないことで夫は寂しさを感じ、他の女性に癒やしを求めることがあるのです。

妊娠中の妻が情緒不安定になるから

妊娠中の女性は、ホルモンバランスが不安定になるため、身体だけではなく、精神的にも不安定になります。

ホルモンバランスの乱れによってイライラして夫に当たってしまったり、ちょっとしたことで落ち込んでしまうことで、家庭内にピリピリした雰囲気が漂うことも。

男性は、そんな妊娠中の妻の精神状態を理解することができず、ストレス解消のため他の女性と浮気をしたくなることがあるのです。

現実逃避したくなるから

女性は妊娠によって「母親になる」という実感を得ることができますが、男性は妊娠やそれによる肉体的な変化がないため、父親になることに対して漠然とした不安を感じることが多くなります。

また、これから子供と育てるという責任から目を背けて、つかの間の楽しみを得たくなるため、不倫に走ることがあるのです。

妊娠中に不倫をしてしまう男性の兆候

妊娠中に不倫をしてしまう男性の兆候

妻の妊娠中に不倫に走ってしまう旦那には似たような兆候(サイン)があります。
もし、旦那に当てはまる行動が見られたら、すでに不倫をしているかもしれません。
それでは、紹介していきます。

急に飲み会や仕事の予定が増えた

妊娠してから、急に旦那の帰りが遅くなった、飲み会や仕事の予定が増えた。
この兆候が見られたら不倫をしている可能性が高いです。

妊娠中の妻をサポートするためにも、仕事が終わったら早めに帰宅をし、寄り添ってあげるのが夫の役目。

「つわりで大変だと思うから、ご飯は外で食べるね。」
一見、気を使っているように思えますが、実は妻にバレないように不倫をしている可能性があります。

スマホの扱い方が変わった

不倫を始める男性に共通するのが、急にスマホのロックをかけ始めたり、スマホを肌見離さず持つようになったりすることです。

旦那のスマホを勝手に見るのはあまり良くないことですが、そのような行動が見られたら、不倫をしているかもしれません。

スマホをテーブルなどに置く際、常にスマホの画面を下にして置いていたら、見られてはいけない通知が来るかもしれないという恐れや、妻にバレてはいけないことをしているという後ろめたさからそのような行動を取ります。

髪型や服装に気を使い始めた

妻が妊娠中の男性は、一人で外出が増える傾向にあります。

今までファッションや髪型にあまり気を使わなかった旦那が、急に身なりに気を使うようになった場合は要注意です。
外見に気を使うということは、女性とデートをしている可能性が高く、そのための準備をしている可能性が高いです。

帰宅してから、旦那自ら洗濯を申し出た場合も注意が必要です。
それは、服に付いた不倫相手の香水の匂いを消すための可能性があるからです。

不倫男の兆候(サイン)と行動パターン14個

妊娠中に旦那の不倫が発覚した場合の対処法

妊娠中に旦那の不倫が発覚した場合の対処法

もし旦那の不倫が発覚したら、どのようにすれば良いでしょうか。

「旦那に問い詰めて不倫を認めさせる」
「不倫相手に電話をして慰謝料を請求する」

様々な方法が浮かんできます。
しかし、感情に任せてやみくもに動いてしまっては、最悪の結果を招いてしまうかもしれません。

まずは冷静になる

妻の方からすれば、妊娠で大変な時期に旦那が他の女性と遊んでいたら、非常に辛いものです。
しかも、この先どうなるのか、離婚したら自分一人で育てるのか、こういった不安もあり、感情的になってしまいがちです。

しかし、ここで感情的に夫を責めたり、慌てたりするのはよくありません。
まずは冷静になって状況を把握し、事実確認をしましょう。

また、不倫をした夫が悪いのは当然です。
でも、妻側にも夫に冷たく当たってしまったことで、良くない思いをさせてしまった可能性があるかもしれません。
冷静になって自分にも非がないかを考えてみましょう。

話し合う機会を作る

冷静になってから、旦那とふたりで話し合う機会を作りましょう。
このとき、ふたりでいる時間に急に話を切り出さないことが大切です。
旦那にも準備が必要であり、冷静に話をしてもらう必要があるからです。
あくまでも不倫という事実を確認し、これからのことをお互いにとって良いものにしていくための話し合いだということを忘れないでください。

話し合いをする理由が、この記事の冒頭でお話した旦那の妻に対する一時的な不満によるものであれば、夫婦間のコミニュケーションで解決できる可能性があるからなのです。
その際に、妻は自分に非があれば、旦那に素直に「ごめんね」などの言葉をかけてあげると良いでしょう。
旦那が少しでもサポートしてくれたことに対する感謝をしてあげることも大切です。

特にセックスについて話し合う

妊娠してからセックスをひかえている場合は、妻が思っている以上に夫はストレスを感じている可能性が高いです。
夫婦間とはいえ話しにくい話題ではありますが、目を背けずに話し合う必要が大いにあります。

欧米ではセックスレスな夫婦が、セックスについて話し合ったり、夫婦カウンセリングを受けたりするのは当たり前のことです。
セックスレスの打開策についてはきちんと話し合いましょう。

不倫した場合のペナルティを決める

「浮気したら離婚する」などのペナルティについて決めておきましょう。
自分が不倫をしても、身重な妻は離婚するはずがないと思っているケースが多いです。
ですので、「浮気してもしかたない」など、懐の深さをアピールする必要はありません。

不倫したら慰謝料は○○万円、1回でも不倫したら離婚する、子供とは絶対に合わせないなど、毅然とした態度できちんと決めましょう。
事の重大さを認識させることで、夫は気軽に不倫に走ることはできなくなるでしょう。

夫婦一緒に出産準備をする

妊娠・出産は妻側に一方的に負担がかかるものです。
自分の体に変化が現れるわけではない夫は、自分の子供が産まれるという一大事に実感を抱きづらく、責任を求められる現実から目をそむけたくなったタイミングで浮気に走ってしまうのです。

そういったきっかけを与えないためにも、マタニティ教室に一緒に行くなど父親としての自覚を促すような場所に夫婦ででかけるのが良いでしょう。

また、「子供が生まれてから」の話を頻繁にすることも大事です。
このような会話から家族としての一体感を感じるようになるのです。

【体験談】複数の女性と不倫していた旦那と離婚した話

まとめ

妻が妊娠中に不倫する夫の心理についてお話しました。

妊娠中のつらい時期に他の女性と不倫をする旦那を許すわけにはいきません。

しかし、日常の些細なことの積み重ねで、不倫に走ってしまうこともあります。
普段から夫婦間のコミニュケーションをしっかり取ることが大切です。

もし、夫の不倫が発覚しても冷静に、そして素早く対処するようにしましょう。
一時的な不倫であれば、出産したあとに終わっていることもあるからです。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!