不倫相手とのベストな連絡の頻度

LINE@

不倫相手との連絡頻度はどれくらいが最適なのでしょうか?

不倫相手とはなかなか会えない場合が多いですが、その上で不倫相手との連絡は重要なコミュニケーションと考える人は多いと思います。

今日のテーマは当サイトの読者のリアルなデータを元にお話したいと思います。

不倫相手から連絡が来ない7つの理由とその対処法
【体験談】不倫で生まれた不安を乗り越えた話

不倫相手との連絡頻度はどれくらい?

早速ですが、当サイトの読者アンケートで実際のデータを見てみましょう。
(回答者:不倫経験者の男女 100名 25~50歳)

Q.不倫相手との連絡頻度はどれくらいですか?

上記のような結果になりました。
これから分かることは、不倫相手との連絡頻度には大きな偏りはないということです。
あえて言うのであれば、月に1回は何かしらの連絡をとっている人が多いようです。

この結果を踏まえ、回答者の方々にその理由を聞いてみました。

【35歳女性:2~3日に1回】

「不倫相手のことを考えるとどうしても連絡したくなってしまうけど、毎日だとウザがられそうなのでこのペースです。」

【41歳男性:1ヶ月に1回】

「不倫相手とは割り切った関係なので会えるタイミングで適当に連絡する感じです。だいたい月1くらいで会ってます。」

【37歳女性:1週間に1回】

「不倫相手には家族がいるからできるだけ連絡はしないようにしています。バレないように連絡は控えめです。」

【39歳男性:2週間に1回】

「本当はもっと連絡を取りたいけど、仕事が忙しいのと子供の世話とか家族サービスとかでなかなか連絡できないです。」

【32歳女性:ほぼ毎日】

「不倫相手が忙しいのは分かるけど、基本的に自分はかまってちゃんなのでガンガン連絡してます(笑)」

上記の意見を見てみると、不倫相手との関係や状況によってそれぞれ事情があり、それをベースに連絡頻度を決めていることが分かります。

会いたい、連絡をしたいという気持ちはあるけれど、状況的に我慢している傾向があるようです。
不倫相手との最適な連絡頻度というものは人それぞれであり、その理由は感情的なものに基づくものではないのです。

例えば不倫相手と付き合い始めた時は毎日のように連絡を取っていたものの、徐々にその頻度が低くなることがあります。
しかしこれは気持ちが冷めたり、不倫を終わりにしたいというようなネガティブなものであるとは限りません。
もちろん不倫も男女関係の一つですから、なるべく一緒にいたい、マメに連絡を取りたいという気持ちは分かります。
しかし、不倫の関係である以上、仕事や家庭の事情で連絡が取りづらいことは非常に多いのです。

急に連絡が来なくなったからといって悪い事ばかりを想像するのはただの気持ちの空回りです。
連絡を取りたくても取りにくい理由がある場合が多いのです。
気持ちに余裕を持って待つことが最も大切といえるでしょう。

不倫相手との連絡を最適化するには

不倫相手との連絡を最適な状態にするためにはどうしたらよいでしょうか?

答えはシンプルです。
不倫相手との連絡のとり方で不安になるようであれば、とにかく相手と話し合いましょう。
具体的には連絡方法やタイミングなどのルール決めです。
それを決めておけば無駄に不安になることもありません。

逆に言えば、不倫相手との連絡ルールが破られた、ルールに当てはまらないような場合は何かしらのトラブルが発生した可能性があります。

その時は都合をつけて直接会って状況を確認し、それぞれの胸の内を共有することが必要です。
お互いの状況を共有し、希望する連絡頻度と連絡方法(LINEやメール、電話など)、連絡を取り合うタイミングを話し合うのです。
そうすることで、不倫関係を続けるにあたり連絡の部分で余計な勘ぐりをする必要がなくなります。

特に大事なのはNG事項の確認です。
例えば、

  • 週末の連絡はNG
  • 電話は日中のみ
  • LINEに絵文字は使わない

などです。
これらは不倫がバレるリスクに関係するものもあるため注意しましょう。

【おすすめ】不倫相手との連絡アプリ15選

連絡頻度は気にしない事が大事


連絡は、待てば待つほど来ないものです。
では次に、連絡を待ってしまうことで生じる悪影響についてお話しましょう。

精神的に不安定になりがち

勉強中、仕事中、家族との食事中、友達と喋っている時。
「彼からの連絡はまだかな・・」なんて、あらゆる場面でスマホが手放せなくなることがあると思います。

そんな状態が続いてしまうと相手への依存度が高まり、日常生活に支障をきたす恐れがあります。
最悪の場合は、友達や仕事を失ってしまう事態に繋がることも。

そして最終的にそのような不安定な精神状態が相手に伝わってしまい、愛想を尽かされる原因にもなりかねないのです。

重い女だと思われがち

恋愛は、相手のことをもっと知りたいと思う欲求から生まれるもの。
自分から一方的にLINEや電話をしてしまうと、相手に、「もっと知りたい」と思う機会を与えることができなくなります。

このような理由で相手にとっては、あなたが愛しい存在から鬱陶しい存在になってしまう恐れがあるのです。
一方的に連絡を頻繁にしてしまえば、相手はあなたが日々何を考えているのか手に取るように分かってしまうため、「もういいや」と興味を失ってしまうことも。
最悪、重い女だと思われて敬遠されてしまうことになるでしょう。

関係のバランスが崩れがち

不倫には様々な事情があり、なかなか普通の恋愛のようには事が運びません。
しかし、男と女の情が絡むという点では、普通の恋愛とは何ら変わりはありません。
どちらか一方が恋心を燃やしていては、その関係はうまくいかないでしょう。

そもそも男性は、女性を追いかけていたい生き物だと言われています。
女性からの愛情が大きいと感じてしまうと、追いかけたいという欲求が薄れてしまい、その女性が彼の中でどうでもいい存在となってしまうのです。
そうなってしまっては、ベストな関係は築けないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

不倫相手との最適な連絡頻度は二人の距離感や関係値、生活環境でそれぞれ異なります。
もちろん毎日連絡を取りたい、会えない分たくさんやりとりしたいと言う気持ちは理解できます。
しかし、いくら気持ちが強くてもそれぞれの生活条件下で連絡が制限されることも多いということを理解しましょう。

不倫関係において基本的に連絡頻度と愛情は必ずしも比例しません。
あくまでも連絡頻度は不倫相手のライフスタイルに依存する傾向が強いのです。

また、連絡頻度が低いのは不倫がバレないようにリスクを抑えようとしている意図もあります。
場合によっては不倫関係が安定してきた証拠でもあるのです。

不倫相手との連絡頻度で不安になるようであれば、一度不倫相手と連絡のルールを話し合ってみましょう。
分からないことや知らないことで勝手に暴走するのではなく、正直に気持ちを伝えることの方がお互いの関係にプラスになります。
特に、連絡してはいけないタイミングのすり合わせは重要です。
お互いのタイミングをどこで合わせるかを理解することで、二人の不倫関係はより良好になるのです。

遠距離のW不倫を長続きさせるコツ8選
オンライン不倫について
【体験談】不倫で生まれた不安を乗り越えた話
月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!