不倫相手と上手に別れるコツ6選

不倫相手と上手に別れるコツ6選
月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手と別れそう
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと仲良くしたい
初回無料なので安心してお試し下さい。

いきなりですが、不倫関係において、最終的に不倫相手と結ばれるというケースはほとんどありません。
むしろ不倫とは、別れることを前提とした関係と言っても過言ではありません。

とはいっても、不倫相手と別れるタイミングや別れ方というものは非常にデリケートであり、難しいものです。
喧嘩別れや職場や配偶者にバレたなど、不倫関係における別れは、特に慎重にならなければなりません。

今日は不倫相手と上手に別れるコツについてお話したいと思います。

不倫相手との別れはいつやってくるのか

不倫相手との別れはいつやってくるのか

不倫はどれぐらい続くものなのでしょうか?
当サイトの読者に対し、アンケートを取りました。

【アンケート】
不倫していた期間はどれぐらいですか?

(回答者:年齢25~55歳、不倫経験者の男女50人ずつ合計100名)

上記のデータより、不倫をしている人の90%以上が3年も経たないうちにその会計を終えていることが分かりました。
つまり、不倫関係は永遠に続くものではなく、ほとんどの場合、長くとも3年程度で別れがやってくるのです。

もちろん人それぞれ不倫が続く期間は異なります。
中には別れずに一緒になるケースもあります。

しかし、最終的に一緒になる確率は3年以上続く人(8%)よりさらに少なくなります。
不倫関係にはほぼ別れのタイミングが来ると思って間違いないでしょう。
別れが来ることを理解し、いかにスムーズに、ストレスなく別れられるかを考えることが大切です。

そうすることでお互い気持ちよく前を向き先に進むことができます。

不倫相手と上手に別れる方法

不倫相手と上手に別れる方法

不倫関係が職場や夫や妻にバレた場合、もうそれ以上不倫関係を続けるのは困難です。
この場合、不倫をしている二人が別れるには十分な理由があり、お互いに仕方ないと諦めざるを得ません。

しかし、どちらか一方が別れを切り出す場合、状況はかなりデリケートです。

不倫という関係は、一般的な恋愛や結婚という男女関係とは異なり、社会的に受け入れられにくいものです。

つまり、一歩間違えば非常に高いリスクを負う可能性があります。
具体的には、慰謝料を請求されたり、社会的制裁を受けたりなどがあります。

また、不倫をしている当事者同士での関係のもつれにも注意しないといけません。

そんな中、不倫相手と上手に別れるにはどうしたらよいのでしょうか?

ストレートに別れを告げる

一番シンプルで成功率が高いのが、別れたいという気持ちを正直に伝えることです。

「もう終わりにしよう。」
「別れよう。」

感謝の気持ちとともに、このシンプルなお別れの言葉は、それ以上でもそれ以下でもなく、ストレートに伝わります。

時には不倫相手から理由を求められるかもしれません。
しかし、別れに理由は無意味なのです。

何が原因とか、誰が悪いといった後ろ向きな思考は、別れと共にやってくる未来を求める人にとっては必要ありません。

決してネガティブな別れではありません。
相手に感謝し、別れを告げることで、自分自身の幸せを探しに旅立つのです。
前向きに考えましょう。

連絡を一切断つ

一度別れを告げたら、不倫相手との連絡は一切絶ちましょう。

別れの言葉の後のやりとりは、ズルズルと気持ちを引きずるだけで、決して二人の関係を改善することはありません。
別れを告げた直後は引き止めるための話し合いを求められる場合が多いですが、これに応じてしまうとより別れにくくなってしまいます。

電話帳や友達登録も完全に削除しましょう。
これまでのやりとりも全てリセットするのです。
着信拒否するぐらいがちょうど良いです。

振り返る思い出はあなたの心の中にあれば十分です。
形に残しておけばいくらでも未練は出てくるでしょうし、ついついまた連絡をとってしまいがちです。

不倫相手と後腐れなく別れるにはこれぐらい思い切った行動に出るほうが良いのです。
これは自分のためでもあり、相手のためでもあります。
きれいさっぱりと別れるためにも、再会する接点を一切消し去ることで、物理的にも気持ち的にもリセットしましょう。

このような場面では思い切って大胆にいきましょう。

バレることを意識させる

そうは言ってもなかなかうまくいかない事もあると思います。

「まだ別れたくない」
「ずっと一緒にいよう」

その瞬間は甘い言葉を囁かれ、誘惑に負けてしまいそうになるかもしれません。
もちろん相手は粘り強く引き留めようと必死です。

このような場合、改めて冷静になってみましょう。
不倫をしていて一番恐れるべきなのは「バレること」です。

「友達にバレそう」
「職場にバレたみたい」
「バレかけちゃった」

家族であれ、友人であれ、職場であれ、不倫がバレたら様々な被害を受ける可能性が高いです。
離婚して慰謝料を請求されたり、周囲の人間の信用を失ったり、仕事をクビになったりと、悲劇が始まってしまいます。
最悪の場合、何もかも失って人生を台無しにする可能性もあるのです。

たとえバレていなかったとしても、今後のリスクとしてバレたらどうしよう、など最悪の事態になった時の事を話してみましょう。
バレることを匂わせるのです。
相手に危機意識を持たせ、別れへの理解へと誘導しましょう。

常識を持ち合わせている人間であれば無責任な事は言わないでしょう。
相手のことを思いやることができる人であれば、バレる不安に怯えているあなたの考えを尊重するはずです。

むしろそれでもなお別れを拒むようであればそれはあなたにとってリスクになる可能性があります。
ここまできたら突き放すぐらいの覚悟が必要です。

離婚して一緒になることを強く求める

これは

「引いてダメなら押してみる」

という方法です。

相手の配偶者と別れて自分と一緒になりたいと強く求めることで、相手は面倒くささを感じるでしょう。

基本的に不倫をしている既婚者側の人間は最終的には家族の元へ帰っていくのです。
配偶者や子供を捨てて不倫相手と一緒になるつもりの人間はほとんど皆無です。

不倫関係はあくまでも一時的な割り切った関係として考えるべきです。
既婚者に対して結婚願望を押し続けるという、かなり強引なアプローチは、既婚者にとってはかなり扱いづらいやっかいな問題になるでしょう。

これが続けば相手も不倫関係を続けることを諦めざるを得なくなるでしょう。

「既婚者に結婚願望を押し付ける面倒なやつ」

を演じるのです。

セックスを拒む

不倫というのは、どんなに綺麗事を言ってもその根本にあるのは肉体関係です。

もし、その関係にズルズルと引きずられて不倫がやめられないようであれば、一度きっぱりとセックスを拒否してみましょう。
もし相手があなたの身体にしか魅力を感じていないのであれば、拒否されたことで一気に気持ちが冷めることも考えられます。

そうなればこちらから切り出すまでもなく、相手から別れを告げてくれる可能性もあるでしょう。

二人の不倫の行く末を話し合う

不倫関係の二人にとって、最終ゴールはどこにあるのでしょうか?

不倫関係が続けばリスクも伴います。

配偶者にバレれば離婚、高額な慰謝料を請求されます。

職場にバレたらクビになったり、社会的信用を失うでしょう。

相手が離婚しなければ永遠に結ばれること(結婚)はありません。

周囲の人間には、ずっとこの関係を隠し続ける必要があります。

この二人の関係には明るい未来が見えますか?

まとめ

いかがでしたか?

今日は不倫相手と上手に別れるコツについてお話しました。
出会いと別れは人生で何度も訪れます。
気持ちの切り替えを上手に行い、建設的な別れができるようにしましょう。

自然とそのタイミングを迎えることよりも、自分自身で決断しするほうが圧倒的に難しいです。
しかし、自分自身の手で新しい未来を切り開いていくことは、とても重要であり、自分にとっての幸せの近道なのです。

いつまでも受け身で流れに任せてばかりでは幸せをつかむチャンスも逃してしまいます。
これまでの経験をプラスにするかマイナスにするかはあなた次第です。

明るい未来のためにも不倫相手と上手に別れ、新しい出会いを探してみましょう。
次の出会いはもうすぐそこまできています。

error: Content is protected !!