主婦が不倫するきっかけとその心理8選

LINE@

妻であり、家事を切り盛りする主婦も不倫をすることがあります。

むしろ、最近は不倫経験のある主婦が増えています。

一見すると、主婦には不倫をするきっかけがあまりなさそうですが、実際はそうでもないのです。

今日は主婦が不倫するきっかけとその心理についてお話します。

主婦が不倫するきっかけ

主婦が不倫するきっかけ

主婦には一見、不倫するきっかけがないように見えますが、そんなことはありません。

主婦にも身近なところに不倫をするきっかけがあるのです。

早速以下にそれを見ていきましょう。

職場

職場は「不倫の巣窟」と言えるほど不倫関係が発生する確率の高い場所です。

職場の状況は夫にほとんど分からないことが多いです。

会社の同僚や同じプロジェクトのメンバー、上司や取引先などありとあらゆるところに不倫のきっかけが溢れています。

しかも仕事という言い訳ができるので非常にバレにくく、不倫がしやすい環境です。

男女二人きりでの残業や社員旅行がきっかけで不倫に発展することがあるのです。

職場不倫がバレないための10の鉄則

元カレ

主婦の不倫相手として、元カレは非常に相性が良いです。

主婦は異性との出会いのタイミングが少ないのが実情ですが、元カレの場合は話は別です。

連絡先さえ残っていれば、気が向いたらいつでも連絡を取ることができます。

旦那の愚痴や日々の不満などの相談相手となってくれる元カレは、初対面ではないので自分の事を知っている良き理解者の一人です。

そして、元カレと肉体関係を持つ際のハードルはかなり低いです。

主婦にとって元カレの存在は手っ取り早く甘えるのに都合がよく、その流れで容易に不倫関係に発展するのです。

趣味や習い事

英会話教室やジム、パソコン教室などの趣味や習い事で、主婦は異性との出会いがあり、これらを共有しながら不倫関係に流れていきます。

趣味や習い事で出会う人とは同じ目的を持っているため、コミュニケーションを取りやすく、共通の話題が多いのが特徴です。

ここから距離を縮めつつ、ふたりだけで食事をしたり出かけたりという自然な流れで関係が深まっていくのです。

この場合はゆっくり時間をかけて関係を深めるため、不倫に発展すると長続きする場合が多いです。

同窓会

結婚しても同窓会に参加することに夫が反対することはあまりありません。

しかし、この同窓会が意外にも不倫のきっかけになる場合が多いのです。

同窓会は頻繁に開かれるものではありません。

多くても年に1回程度でしょう。

同窓会では久しぶりに再会するので、以前とはまるで別人のようにきれいになっていたり雰囲気が変わる等の大きな変化に驚き、瞬発的に恋愛感情を抱いてしまうのです。

幼稚園や保育園、学校

幼稚園や保育園、学校などにも不倫の機会はたくさんあります。

最近は男性の保育士も多く、毎日顔を合わせていれば、主婦の良き相談相手になる機会も。

子供の小学校ではドラマのように、PTAでの「子供をもつ者同士のW不倫」というようなパターンも少なくありません。

子供が関係する一見不倫とは縁がなさそうなこれらの場所にも不倫のきっかけは多くあるのです。

【体験談】小学校のPTAで不倫をした話

SNS

もはやすっかり日常生活に定着したSNS。

主婦に限らず多くの人が利用していますが、最近はスマホでの利用が活発です。

時間や場所、境遇を選ばず自由に交流を深めることができます。

今やオフ会も広く行われており、普段SNS上で悩み相談などをしていた相手とリアルに会う機会も多く、文字でやり取りをしただけの知らない人と深い関係になることもよくあります。

そのようにしてSNS上で築き上げてきた信頼関係は、リアルで出会った時にさらに強固になり、強い絆で結ばれるのです。

合コン

合コンと言うと主婦には縁がなさそうですが、そんなことはありません。

近頃の既婚者同士の合コンがよくあり、主婦の息抜きとしてとても人気があります。

最初はみんなで楽しくワイワイとストレス解消目的で集まるものの、それだけでは終わらない場合も多いです。

しかも男性も相手が既婚者だということを把握して会うため、とても気軽です。

マッチングアプリ

そして最近になって急増しているのが、マッチングアプリがきっかけで不倫を始める主婦の存在です。

スマホを持っていれば誰しもが無料で利用できるものから、ハイスペックな男女が集まる有料の出会い系まで、今ではたくさんのマッチングアプリが存在しています。

既婚女性でマッチングアプリに登録しているほとんどが不倫目的であることは間違いありません。

登録してからすぐに新しい人と出会えるマッチングアプリは、忙しい主婦にはもってこいのツールなのです。

【体験談】出会い系アプリで不倫そして復縁した話

主婦が不倫する心理

主婦が不倫する心理

主婦が不倫をする心理とはどのようなものなのでしょうか。

それは特殊なものではなく、案外普通のものなのです。

家事や育児などのストレス

主婦は家事や育児などの負担が多く、ストレスを抱えやすいものです。

もちろん、そういった負担を夫と共に分担して支え合うのが理想ですが、現実にはなかなか難しいものです。

仮に夫が家事や育児を手伝うと言っても、それほど時間を割けられるわけでもなく、たかが知れているのです。

このような事情で主婦に負担がのしかかり、それが慢性的なストレスになってゆきます。

主婦が家事と育児に追われる逃げ場のない状況で見つけたストレス解消法が、不倫のとなることが多いのです。

刺激が欲しい

家事や育児、炊事、洗濯、掃除など、全てを毎日こなしたら時間に余裕がありません。

日々のタスクをこなして一日が終わり、次の日もまた同じタスクをこなすという、平凡かつ多忙な毎日を過ごしがちです。

そんな単調でつまらない毎日に対して不満を抱き、刺激を求めて不倫に走る主婦は多いのです。

平凡な毎日を過ごしている主婦にとっては不倫が良い刺激になってしまうのです。

周りも不倫をしているから

「周りも不倫をしているから…。」という理由で、罪悪感が薄れてしまうことで不倫をする主婦もいます。

不倫は楽しいも倫は正しいもの
という意識が自然と芽生え、それがやがて習慣になってしまいます。

夫との不和

主婦が不倫をしたくなる心理に強く影響を与えるのが、夫との不和です。

特に多いのがセックスレスです。

結婚して子供が生まれるとお互いを男女としてではなく、父親、母親としてみる傾向が強くなり、異性としての魅力を感じにくくなります。

また、結婚してから時間が経過すると、結婚当初よりも相手に対して興味を持たなくなり、ケンカも増えます。

時には毎日顔を合わせることさえ苦痛に感じることもあります。

こういった夫との不和は不倫をしたくなる心理に強く作用します。

そして主婦は、夫にないものを不倫相手に求め、関係を持つのです。

主婦といえども人間なので性欲はありますし、それを満たしたいと思うのは当然のことでしょう。

不倫のきっかけ12選
不倫がバレないホテルの選び方6選
不倫がバレないコツ12選

不倫する主婦の特徴

不倫する主婦の特徴

次に、不倫をする主婦の特徴を見てゆきましょう。

恋愛経験が乏しい

結婚前に恋愛経験を積んでこなかった女性は、主婦になって家庭が落ち着いてきてから不倫に走るケースが多いです。

過去に恋愛をしてこなかったり、あまりモテなかった女性は、言い寄ってくる男性が肉体関係が目当てだったとしても、好意だと捉えてしまい不倫関係に発展しやすい特徴があります。

寂しがりや

寂しがりやな主婦は旦那に全く相手にされなくなると、寂しさを婚外の関係で埋めようとします。

一度きりの関係のはずが、不倫関係に発展してしまうケースも少なくありません。

寂しがりやな女性は、コミュニケーションを取ったり、スキンシップをとることで寂しさを解消するのです。

押しに弱い

押しに弱く流されやすい女性は、不倫をしてしまう傾向にあります。

「不倫はいけない」とわかっていても、男性から迫られると断れずに流されてしまうのです。
こういった主婦には、「相手のせいにすれば良い」「仕方なかったから」という甘えがあります。

甘えを断ち切る勇気がないため、不倫関係が泥沼になっても引きずりがちと言えます。

承認欲求が強い

人間には誰しも認められたいという欲求=承認欲求があります。

この承認欲求が強い主婦は、常に人からかまってほしいと思っているため、褒めてくれたり、気にかけてくれる男性と巡り合うと、居心地の良さから不倫する特徴があります。

女性として意識されたい

結婚生活が長く続くと、夫婦はお互いを異性の目で見ることがなくなってきます。

特に女性は家庭を持つと、女性らしさよりも母性が強くなってくるものです。

それでも女性として意識されたい思いが強い主婦、特に夫婦関係がうまくいっていない場合はなおさら不倫に走るケースが少なくありません。

不倫をする男性は、主婦を女性として見るため、好都合なのです。

しかし、急に身なりに気を使い始めてしまうと、夫から不倫を疑われることになるので注意が必要です。

倫理観が薄い

そもそも不倫や浮気に対して抵抗がない主婦もいます。

こういった倫理観の薄い主婦は、平気で不倫をします。

W不倫にハマる人の7つの共通点とそのテクニック
W不倫にハマる人の特徴とそのリスク
【要注意】不倫にハマる女性の特徴とリスク12選

不倫する主婦の考えること

不倫する主婦の考えること

家事や育児までもこなす主婦には不倫している暇なんてなさそうに見えますが、そんな中でも様々な工夫をして上手に不倫を続ける主婦がいます。

時短を常に意識している

誰にとっても時間は平等で有限です。

不倫をしている主婦は常に、相手と会うための「時間を作り出す」意識を持っています。

育児や家事、その他の家庭のことをこなさなければならなため、効率を意識して行動しているのです。

時間の管理はもちろんのこと、便利なものを駆使して不倫相手と会う時間を確保しているのです。

そんな主婦から学べることは、「時間は自ら作るもの」であると言えます。

不倫デートは昼間

上手に不倫を続けている主婦は、不倫相手と会う時間を昼間だけに決めていることが多いです。

なぜなら、一番自由になれる時間帯だから。

旦那は仕事、子どもは学校なので、まず家族にバレることはありません。

むしろそれを狙って夫婦のベッドで不倫をする主婦すらいるのです。

ラブホテルが平日の昼間が満室であることも頷けますね。

趣味や日課を夜に入れる

習い事や趣味、ランニングなどの日課をあえて夜に入れている主婦は、不倫をしている可能性が高いです。

趣味や習い事きっかけで始まった不倫関係である場合、主婦のプライベートな時間が夜になりがちです。

夜に予定を入れることで、堂々と不倫相手に会いに行くことができますし、万が一不倫相手と一緒にいるところを見られてしまっても、趣味仲間だとごまかすことができるのです。

子どもに寂しい思いはさせない

不倫をする主婦といえども、子どものことは大切にしています。

学校での行事にはちゃんと参加しますし、近所付き合いも怠りません。

休日には家族のために時間を作って、一緒に出かけることもします。

不倫をしているというイケナイ意識はありますが、母親として子どもを寂しくさせるのは絶対に避けたいという気持ちが本心にはあります。

まとめ

いかがでしたか?

主婦にも不倫するきっかけが多くあり、また、それは非常に身近なものであると分かりました。

主婦が不倫関係に踏み込む心理はさまざまですが、多くはストレスやマンネリ化した日常へのストレス解消や刺激を求めるところにあるのです。

主婦といえど一人の女性です。
社会的、道徳的には受け入れられない不倫ですが、主婦にとっては女に戻れる大事な瞬間なのです。

【体験談】探偵を使って旦那の不倫を暴いた話
月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!