看護師が不倫しやすい理由4選

LINE@

看護師という職業は意外にも不倫しやすいという傾向があります。

看護師というと、医師をサポートし、人の命を助けるという、世の中にとって必要とされ、尊敬される存在です。
しかし、その看護師が不倫しやすいというのは一見真面目で正義感の強そうなイメージとは矛盾しているように聞こえます。

実際のところはどうなのでしょうか?
今日は看護師が不倫しやすい理由についてお話します。

看護師の不倫経験者はどれぐらいいるか

看護師は不倫しやすいという話はしばしば耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか。

当サイトの読者アンケートの集計結果を見ていきましょう。
(回答者:看護師の女性 30~40代)

Q1. 看護師であるあなたは不倫をしたことがありますか?

Q2. 不倫相手は誰ですか?(※Q1. で「ある」と回答した人に対して)

上記の結果より、看護師の不倫経験者はそれなりに多いことが分かります。

また、その不倫相手は圧倒的に医師でした。

つまり、看護師が不倫するのは、同じ職場で働く医師というパターンです。

看護師が不倫しやすい理由

看護師がモテる理由

それではどうして看護師が不倫しやすい傾向にあるのでしょうか。
以下にその理由をみていきます。

モテる

単刀直入に、男性からすると、看護師(ナース)という職業は非常にモテます。

男性はこの響きに本能的に反応するかのように食いついてきます。

また、ナースの白衣は男性にとって魅力的であり、看護師は憧れの的でもあります。
そして、何よりも看護師は医師にモテます。

職場(病院)内において、医師と看護師は業務上、常に密な連携が求められます。
もちろん仕事なのでプライベートな感情は割り切る必要がありますが、そうはいっても男と女。

つねに同じ環境下で仕事をしていたら、仕事の同僚としてだけではなく、一人の異性として見てしまう瞬間があってもおかしくありません。
初々しさのある若い看護師ならばなおさらでしょう。

このように、看護師という職業は非常に異性にモテるという特徴があり、既婚の医師からも常に狙われる環境にいるのです。

夜勤が多い

看護師の勤務時間は特殊です。

病院では患者を24時間体制でケアする必要があり、夜勤は交代制ですが、当然あります。
この夜勤というものが医師と看護師の距離を縮めるきっかけになるのです。
夜勤は日勤と比べ、人が少なく、医師と看護師が二人きりになる機会も多いです。

夜は人の気持ちを少し開放的にします。
仕事中とはいえ、人のいない寝静まった夜に二人きりの状態が何度もあれば、親密な関係になり不倫へと発展するのは、容易に想像できることでしょう。

人命を預かっているプレッシャー

看護師は人の命を預かる職業です。
これは、医師を除けば他の職業にはない大きなプレッシャーです。
患者の容態には大変な気を遣いますし、自分が担当している患者が死亡してしまったならば大きな責任を感じてしまうでしょう。

患者からはいつも気丈に見える看護師も人間ですので、そのような出来事に打ちひしがれてしまう人は多いのです。

このような事情から、目の前で人が亡くなるという状況を共有できる同僚や医師とは不倫してしまう可能性が高いのです。

ストレスを抱えている

看護師という職業は非常に多くのストレスを抱えています。
このストレスのはけ口が、不倫へとつながっていくのです。

まず、看護師はとにかく多忙です。
通常の診察患者の対応はもちろんですが、急病人などが救急車で運ばれてきたり、入院患者の容態が急変したりと、常に緊急事態に備えて動き回ります。
また、患者のケアが思うようにうまくいかないこともあり、次から次へ起こる自体に対して目まぐるしいスピードで仕事をこなさなければなりません。

また、看護師は常に様々な人間関係でストレスを抱えます。
看護師は他の職業よりも比較的、職場の同僚と長い時間を過ごします。
そうしていくちに、医師や看護師同士で不満が溜まるのは当然です。
しかし、医療の現場ではそういったストレスを仕事に持ち込むことはできません。

最後に、患者に対してもストレスは溜まります。
看護師と患者のコミュニケーションがいつもうまくいくとは限りません。
むしろなかなかうまくいかない場合のほうが多いのです。

このようにどんどん蓄積されていくストレスが不倫へと向けられていくのです。

職場不倫がバレないための10の鉄則

看護師が不倫をするきっかけ

看護師が不倫するきっかけ
では、看護師はどのようなきっかけで不倫をするのでしょうか。

夜勤から

先ほど話したとおり、看護師が不倫をするきっかけで一番多いのが「夜勤」です。

男女2人きりで夜中の静まった状況をイメージしてみてください。
より親密さを感じると思います。

また、夜勤中は日中に比べて人手が少ない状況で患者さんを見なければいけません。
その状況では緊張するのも当然。

そのような状況で夜勤明けとなれば開放感に溢れ、テンションも上がります。
しかも、ほとんどの看護師は次の日が夜勤明けでお休みなのです。

そうなれば夜勤明けした医師と一緒にそのまま、なんていうこともありえます。

医師と仲良くなる

そもそも看護師は男性からモテる上、若い女性が多い職業です。
既婚者の医師から誘われる機会はとても多いのです。

食事に誘われたとしても、医師からの誘いで行く場所は、他の大半の男性とは違い、少しお値段が高めな場所へ行くことが多いでしょう。
そういう場所は雰囲気も良く、話もどんどん進み、お酒も入ればテンションは上がります。

そのような状況でホテルやマンションに誘われて不倫がスタートすることはよくあるようです。

不倫のきっかけ12選

まとめ

いかがでしたか?

看護師はその職業柄、特殊な環境で働いており、様々な要因が不倫へをつながりやすいのです。
看護師(ナース)という職業は男性にとにかくモテます。
病院という限定された環境では、特に医師に気に入られやすい傾向があります。
そして、勤務時間が特殊で、夜勤が不倫のきっかけになりやすいのです。
また、看護師は常に多忙で人の命を預かるという責任感もあり、非常に多くのストレスを抱える仕事でもあります。

不倫に対する考えは人それぞれですが、これだけ不倫に相性の良い環境だと、ふとしたタイミングで不倫に導かれていくのも無理はないのではないでしょうか。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!