既婚者の不倫相手と復縁するテクニック3選

既婚者の不倫相手と復縁するテクニック3選
月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手と別れそう
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと仲良くしたい
初回無料なので安心してお試し下さい。

自分が独身で、相手が既婚者の場合の恋愛関係、つまり不倫は困難がつきものです。
さらに一度別れてしまった場合、そのハードルはより高くなります。

しかし、諦めてはいけません。
不倫相手が既婚者だとしても復縁することは可能です。
今日は、既婚者の不倫相手と復縁するテクニックについてお話します。

不倫相手と復縁したいと思う男性のサイン7つ

不倫相手と復縁したいと思う男性のサイン7つ

不倫相手と別れた原因

不倫相手と別れた原因

不倫相手と復縁したいのであれば、まずは別れた原因を考えましょう。
この原因を突き止めることができれば復縁できる確率が一気に高くなります。
その原因を特定し、それを踏まえて対策すれば、二人の距離が元通りになるでしょう。

過去に戻ることはできませんが、過去の経験を活かし、未来をより良くすることはできるのです。
以下によくある原因をまとめてみました。

配偶者に不倫がバレた、バレそうになった

不倫相手が既婚者の場合、パートナーにバレるということは致命的です。
不倫関係の多くはこのパターンで終わりを迎えます。

この場合、不倫がバレないように細心の注意を払っていたかどうか振り返る必要があります。
これぐらい大丈夫、バレるわけない、などと高をくくって脇の甘い気持ちや判断が全くなかったと言えるでしょうか?

不倫がバレないようにするためには、いくら細心の注意を払っても払いきれません。
ちょっとした油断が命取りになるのです。
逆に言えば、不倫がバレないように対応、対策すればあなたの不倫はうまくいくのです。

罪悪感に耐えられなくなった

不倫は社会的には受け入れられず、不道徳とみなされる場合がほとんどです。
そして、その考え方は不倫をしている本人の心の片隅にも残っている場合があり、徐々にそれが大きくなって罪の意識に潰されそうになり、別れるのです。

不倫関係とは、一気に燃え上がり、一気に冷める場合が多く、その冷める過程で冷静になり、我に返るのです。
しかし、不倫が始まった時の判断が間違っていたかというと、そうとは限りません。

急に周囲の目が気になり、不安になっただけなのです。
罪悪感というものは自発的に出てくるよりも他社との関係の中で生まれてくる場合も多いということを忘れてはいけません。
そういう意味では、不倫は周囲の目は気にせず、当事者二人だけの世界で楽しむものなのです。
決して第三者が介入してくるような状況を作ってはいけません。
不倫は二人だけの秘密にしましょう。

将来的に結ばれないことに絶望を感じた

不倫相手に配偶者、子供がいる場合、彼らとの別れを選んであなたと一緒になることは現実的ではありません。
そして、そのような未来に絶望を感じ、別れを選択するケースは多いです。

しかし、このような考え方は不倫をする上でナンセンスです。
不倫をしているのであれば、大事なのは「今」であって、「未来」ではありません。
人間は未来のことなど誰も分からないのです。
将来のことが不安になって今を楽しめないというのは本末転倒です。
今この瞬間を楽しめない人はこの先も楽しめるはずがないのです。
不倫においては特に、今を充実させ、楽しむということが大切です。

自分が独身で相手が既婚者の場合に注意すること

自分が独身で相手が既婚者の場合に注意すること

自分が独身で相手が既婚者という不倫関係は不倫のパターンで非常に多いです。
この場合の注意点を以下に述べます。

不倫相手には家族がいる

不倫相手が既婚者であれば、家族がいます。
この大前提をないがしろにすることはできません。

不倫相手に会いたい、連絡を取りたいという気持ちは分かります。
しかし、この家族を最優先にしないと不倫がバレたり、不倫関係が破綻するリスクが高まります。
不倫相手の家族を最優先にするのが非常に重要です。

離婚を選択することは非常に難しい

いくらお互いの気持が通じ合い、不倫相手と一緒にいたいと思っても、離婚という選択肢はなかなか選べません。
これはどちらの方が好きかという話ではありません。
離婚とは嫌いだから別れるというようなシンプルなものではないのです。
そして、その事情は夫婦それぞれ異なります。

不倫をするのであれば、相手に離婚を迫ってはいけません。
離婚をしなくても一緒にいられる方法を模索するのがスマートな不倫の形です。

時間的な制約が多い

不倫相手が既婚者の場合、時間的な制約が多く、タイミングが合わなかったり、ドタキャンをされたり、うまくいかないことが多いです。
しかし、残念ながらこれは当然のことです。

相手は仕事をしているでしょうし、個人的な予定や、家族との時間もあります。
また、バレないようにいろいろとやりくりしながら不倫をしているのです。
このことを考えずに一方的なわがままは通じません。
不倫とは、我慢の恋愛なのです。
むしろ、限られたわずかな時間を自分のために割いてくれているという感謝の気持ちを忘れてはいけません。

既婚者の不倫相手と復縁するテクニック

既婚者の不倫相手と復縁するテクニック

それでは、これらを踏まえ、既婚者の不倫相手と復縁する方法をお話したいと思います。
大切なのは、相手に都合の良い状況を作るということです。

話を聞く

まずは、不倫相手の話をよく聞き、良き相談相手になりましょう。
ここでは、会いたい、一緒に過ごしたいなど、自分の気持は置いておきましょう。
不倫相手が何を望んでいるのか聞き出すのです。

困っていたら助けてあげましょう。
悩んでいたらアドバイスしてあげましょう。
そして、相手にとって精神的な拠り所となるのです。
そうすることで、あなたは相手にとって必要不可欠な存在になります。

家族を最優先させる

不倫相手の家族の話が出てきても、不機嫌な態度をとってはいけません。
むしろ、暖かく見守るぐらいの心の余裕がないといけません。

不倫相手からすると、家族との時間を充実させることができれば、あなたと過ごす時間もより楽しくなるのです。
逆に言うと、不倫相手があなたと楽しい時間を過ごすためにはどうすれば良いか考えるのです。
その点において、不倫相手の家族を最優先させるというのは彼にとっても精神的に安定し、ポジティブな状況を生み出します。

離婚を迫らない

もし、上記の流れから再会するようなことになっても、不倫相手と結ばれることを考えてはいけません。
先にもお話しましたが、不倫相手とは今この瞬間を楽しく過ごすことを考えましょう。

離婚を迫れば、相手にとってただのプレッシャーであり、ストレスにしかなりません。
そういう意味では、不倫相手とは割り切った関係でいることが大切です。
そして、相手が望んでいる関係になることで、二人は自然とそばにいることになります。

まとめ

いかがでしたか?

既婚者の不倫相手と復縁するには、まず、相手にとって都合の良い状況を作りましょう。
それが復縁の最短距離になります。
一度復縁してしまえば、その後は徐々にお互いの関係性のバランスを調整すればよいのです。

あなたが本気で不倫相手との復縁を望むのであれば、ひとまず自分の理想や希望は置いておき、とにかく相手にとって都合の良い女性になりましょう。
不倫相手との復縁を妨げているのは、意外にも自分のエゴかもしれないということを頭の中に入れておきましょう。

不倫相手と復縁したいと思う男性の心理8つ

不倫相手と復縁したいと思う男性の心理8つ

不倫相手と復縁する方法5選

不倫相手と復縁する方法5選

error: Content is protected !!