不倫の写真を見つけた時の3つの対処法

不倫の写真を見つけた時の3つの対処法
LINE@

旦那や妻が不倫をしている決定的な証拠写真を見つけた場合、どのようにすれば良いでしょうか。
疑いが確信になり、ショックで戸惑いが隠しきれないことでしょう。

今後のために見て見ぬ振りを続けるのか、それとも慰謝料の請求または離婚に向けて動けばよいのか、様々な悩みがあると思います。

今日は不倫の写真を見つけた時の対処方法についてお話します。

不倫の証拠写真の撮り方について

不倫の証拠写真の撮り方について

不倫の証拠写真とは

不倫の証拠写真とは

そもそも不倫の証拠写真とはどのようなものを指すのでしょうか。

一般的に「不倫」と言っても、広い意味で夫婦同士のモラルに反することを言っています。
「不倫」を証拠として離婚や慰謝料を請求するためには、配偶者が不倫相手と「不貞行為」をしたかどうかで判断します。
「不貞行為」とは、旦那や妻以外の他人と肉体関係を持つことです。

つまり、「不倫」の証拠となる写真は、「不貞行為」を決定づける写真であれば有効なのです。
不倫がきっかけで慰謝料の請求や離婚をする場合に、決定的な証拠として写真を用いられることが非常に多いのも事実です。

不倫の証拠写真として有効になるもの

具体的に不倫の証拠写真として以下のようなものが有効になります。

・性行為の写真
・ラブホテルや不倫相手の自宅に二人で出入りする写真
・性行為があったことを示すメッセージのやり取りを写した写真

最近ではスマホで撮影した写真でも、加工しやすいことから、有効な証拠写真として認められないケースも多いようです。
その場合は撮影した日付や、動画で残しておくということも効果的です。

また、メッセージのやり取りを証拠として保存する場合は、スクリーンショットではなく、別のカメラでメッセージの写真を撮るようにしましょう。
スクリーンショットはデジタルカメラの写真と同じく加工しやすいと判断され、証拠として不十分とみなされるケースがあるからです。

不倫の証拠写真を見つけたら取るべき行動3つ

不倫の証拠写真を見つけたら取るべき行動3つ

もしも旦那や妻の不倫の証拠写真を見つけた時、どのような行動を取ればよいのでしょうか。
1枚の写真でも、その時点でどのような状況かを判断することは難しいものです。
どんな状況でも良い結果にするため、冷静になって対処することが大切です。
それでは、以下に見ていきましょう。

証拠写真を保管する

まず最初にやることは、不倫の証拠写真を保管しておくことです。
これを徹底するだけでも、自分が有利な立場になることができます。
証拠写真を失くしてしまうと、不倫をしていたという事実を証明することができなくなってしまいます。

証拠写真を保管するときに気をつけたいのは、必ず紙で保管すること。
そして、複数枚コピーを取って、複数の場所へ保管しておくようにしましょう。
データで保存しておくと、誤って削除をしてしまう可能性もあるのでおすすめはしません。
また、紙で保管するときは写真の裏面や余白の部分に日付を残しておきましょう。

夫婦で話し合いをする

不倫の事実が発覚し、落ち着いていられる人はいないでしょう。
しかし、このまま何をしないのでは時間だけが過ぎ、一向に解決することはありません。
無意識にストレスも溜まり、周りに影響してくることもあるでしょう。

ここは覚悟を決めて、冷静に話を切り出すことです。
夫婦で話し合いをする機会を作り、事実をしっかりと確認しましょう。

今後について話す

事実の確認をしたら、今後についてどうするのか話し合いましょう。
素直に不倫を認めてこのまま関係を続けるのか、離婚に向けて準備をするのか、お互いの気持ちを考えて決めましょう。

ここで無理に答えを出すのはお互いにとって良くないので、何度か話し合いをすることが大切です。

写真で不倫を知ったときにやってはいけない行動

写真で不倫を知ったときにやってはいけない行動

不倫発覚で動揺を隠せないことでしょう。
しかし、ここで焦ってやってはいけない行動をお話します。

感情的になる

配偶者の不倫を知ってショックを受け、感情的な行動はしてはいけません。
証拠写真だと思っていても、それを不倫と決めつけるのはまだ早い可能性があります。
たとえ不倫をしていたとしても、ここで焦って相手に問い詰めたところでしらを切るケースもあります。
さらに、証拠を隠す行動に走ることもありえます。

実際に不倫をしていなかった場合も考えると、衝動的な行動で夫婦関係が悪化してしまう可能性もあります。

いかなるときも冷静になって判断することが何よりも大切です。

そのままにしておく

見て見ぬ振りをすることは、何の解決にもなりません。
人はマイナスのことを溜め込むと無意識のうちにストレスを感じています。
そして、その雰囲気は子供や配偶者にも確実に伝わります。

また、不倫をしている側は気づかれていないと思い、不倫を続けます。
最悪の場合、不倫相手を本気になってしまい、取り返しのつかない事態になることもありえます。

現実から目をそらさず、早めの行動を心がけましょう。
そのまま放置して時間が解決してくれることはありません。

まとめ

いかがでしたか?

不倫の証拠写真を見つけたら、まずは冷静になって事実確認をしましょう。
できる限り証拠写真を集めておくことも、良い結果にするために重要なことです。

お互いにとって良い結果となるよう、話し合いによる解決が大切です。
この記事を参考にしてみてください。

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!