不倫における略奪愛を成功させる方法3選

不倫における略奪愛を成功させる方法3選
LINE@

略奪愛とは、すでに結婚しているもしくは恋人がいる相手の恋仲を引き裂き、自分の恋愛関係に持ち込むこと。

不倫をしていると、いつか一緒になりたいと思うのは当然のことです。
ただし、不倫相手が妻と離婚して一緒になるというのは簡単なことではありません。

しかしながら、その中でも実際に略奪が成功したケースがあるのも事実です。
そして、それにはある共通点があります。
今日は不倫からの略奪愛が成功する方法についてお話します。

【体験談】不倫相手と幸せを掴んだ話(職場不倫編)

【体験談】不倫相手と幸せを掴んだ話(職場編)

不倫からの略奪愛が成功するために一番重要な事

不倫からの略奪愛が成功するために一番重要な事

まずはじめに、不倫関係からの略奪愛が成功するために一番重要な事をお伝えします。

それは、

不倫相手の夫婦関係が破綻している事。

どんな過程を経ても最終的にはこの条件をクリアする必要があります。
現時点で不倫相手の夫婦関係が破綻しているのであれば略奪愛が成功するのは時間の問題です。

しかし、まだそこまでではないという場合がほとんどです。
ここで諦めてはいけません。
あなたが不倫相手と一緒になることを望む限り、そのチャンスはあります。
そして、それは実現可能なのです。

不倫から略奪愛が成功する方法

不倫から略奪愛が成功する方法

それではどうしたら夫婦関係が破綻していない状態から略奪愛を成功させることができるのでしょうか?
答えはシンプルです。

夫婦関係を破綻させてしまえばよいのです。

こう言うと残酷に聞こえるかもしれませんが、この条件が満たされれば良いのです。
以下にその方法を見ていきましょう。

妻より自分に魅力を感じさせる

夫婦関係が破綻するということは、配偶者に対して魅力がなくなったことを意味します。
つまり、あなたが彼の妻より魅力的になればよいのです。
別の言い方をすると、彼から信頼を得るのです。

これは難しいことではありません。
例えば普段から不倫相手の愚痴を聞いたり、甘えさせてあげたり、癒やしてあげるのです。
そうすることで、彼はあなたへの依存度が高くなっていき、あなたの事をいなくてはならない大切な存在として認めることになります。

信頼を得るには時間がかかります。
地道にコツコツと彼からの信用を積み重ねることで、彼の妻に対するそれを超えていくのです。
不倫をするきっかけには、夫婦のマンネリや家庭内不和など、夫婦生活に対する不満があるケースが非常に多いですが、そういった不満をあなたが受け入れることで彼の気はどんどんあなたに向いていきます。

彼の心の拠り所になることがポイントです。

一緒になるまで焦らない

不倫において略奪愛を成功させるためには焦ってはいけません。
とにかく我慢、耐えることです。

  • かまってちゃんオーラ全開でぐいぐい押す
  • 一日も早く離婚をさせようとせかす
  • 常に一緒になった時のことを口にする

これらの行動は不倫相手に不用意にプレッシャーを与え、ストレスになるだけです。
略奪愛どころか不倫関係が終わってしまうリスクになり、逆効果です。
ただでさえ不倫は我慢の連続です。
焦れば焦るほどストレスになり、不倫相手との関係にも悪影響を与えてしまいます。
熱しやすく、冷めやすいような関係は長続きはしません。

どんな時も焦ってはいけません。
気持ちに余裕を持って一歩一歩地道に進めていくことが大切です。
こういう場合は待つというスタンスを積極的に取るべきです。
焦らずに時間をかけることが略奪愛を成功へ導く近道になります。

気持ちに余裕を持つ

不倫関係は家庭の都合や不可抗力的な影響を受けやすいです。
お互いがどれだけ会いたいと思っていても、タイミングが合わない、ドタキャンが多い、すぐに返事が返ってこないなど、不倫にはこれらは日常茶飯事です。
ましてやそのような状況から略奪愛という、さらに高いハードルを超えるには、精神的にも余裕が必要です。

イライラしがちな場合も多いですが、相手に不満を漏らしたり、八つ当たりするのではなく、何事も大目に見れるような気持ちの余裕が必要です。
そういった余裕は相手にも伝染し、略奪愛を成功へと導くのです。
また、気持ちに余裕があると、無意識のうちに不倫相手にもそれが伝わります。
それはあなたへの安心感、信頼感とつながり、ポジティブに作用します。

略奪愛が成功しても幸せになるとは限らない

ただし、略奪愛が成功したとしても、必ずそれが幸せになるものとは限りません。
つまり、略奪愛にもリスクが伴うことを意味しています。

法的トラブルへと発展する可能性がある

略奪愛は、見事勝ち取った側は幸せになれるかもしれませんが、一方で奪われてしまった側、つまり元配偶者は不幸になります。

適切な手順で略奪愛を成功させたとしても、あとになって「あなたに家庭を潰された」として訴訟を起こされる場合も考えられます。
また、多額の慰謝料を請求される場合もあるのです。

その他、他人の旦那を奪った人として周囲から冷ややかな目で見られ、社会的信用を失うケースも考えられます。

略奪愛に成功しても、その後のプレッシャーを感じながら生きていくのは精神的にもツラいものです。

自分も不倫される立場になる

略奪愛が結果として実ったその背景には、その過程に不倫関係があったからであることは間違いありません。
それまで恋愛関係になかった2人が、次の日にいきなり離婚して結婚をすることはなかなか考えられないでしょう。

ここで言えるのは、不倫をしていた過去がある以上、晴れて妻側になったあなた自身も不倫される立場になるということです。

今度は別の女性に旦那を奪われ、自分が不幸な立場になることも十分考えられるのです。

サレ妻・サレ夫とは?不倫される人の特徴11選

サレ妻・サレ夫とは?不倫される人の特徴11選

不倫願望がある既婚男性の3つの特徴とその心理

不倫願望がある既婚男性の3つの特徴とその心理

まとめ

いかがでしたか?

不倫関係において、略奪愛が成功するために一番重要なことは、不倫相手の夫婦関係が破綻しているということです。

そして、不倫の末に成功する未来だけを見て行動することが大切です。

最初から破綻しているのであれば比較的スムーズですが、実際はなかなかそうはいかない現実があります。
しかし、彼の気を自分に向ける努力や工夫はいくらでもできますし、そういった積み重ねが略奪愛を成功させてきたという事もまた事実です。

今日お伝えしたポイントを踏まえ、自分と不倫相手の状況を見ながら、自分なりの方法で略奪愛を成功させましょう。

不倫関係を遊びから本気にさせる方法3つ

不倫関係を遊びから本気にさせる方法3つ

不倫相手と復縁する方法6選

不倫相手と復縁する方法6選

月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!