不倫相手に会えない週末の過ごし方

LINE@

不倫中に多くの人が悩みをかかえるのが、「週末の過ごし方」です。

不倫相手が既婚者の場合、自宅には家族がいるので週末は会えない場合が多いです。
しかし、そうは言ってもどうにか会えないものかという、モヤモヤとした気持ちをなんとかしたいものですよね。

そのような複雑な気持ちをどのようにコントロールすればよいのでしょうか?

今日は不倫中における週末の過ごし方についてお話します。

遠距離のW不倫を長続きさせるコツ8選
【体験談】不倫で生まれた不安を乗り越えた話

不倫と週末の関係

不倫をしていると、不倫相手となるべく多くの時間を過ごしたいと思うものです。

しかし、相手が既婚者であれば家には家族がいます。
週末は家族で過ごすのは当たり前です。

そんな時、不倫相手に対し、孤独感、寂しさ、自己嫌悪、怒り、嫉妬など様々な感情が交錯します。

しかし、そこで感情に振り回されてはいけません。
むしろ週末に家を抜け出して不倫相手と会うということはリスク以外の何物でもありません。

不倫相手の彼にとって週末は家族サービスの日。
会いたい、会いたくないなどの話ではなく、夫や父親としての義務を果たす時間なのです。

ここではっきりさせておく必要があります。

週末には彼とは会えないと割り切りましょう。

会ってはいけないといっても過言ではないのです。

あわよくばの期待は持ってはいけません。
不倫がバレて全てを失いかねないリスクを負うことになります。

これはお互いのためなのです。

家族と過ごす彼の気持ち

まずは、週末に家族と過ごす既婚男性の気持ちを分析してみましょう。

家族と過ごしている間は、不倫相手のことは忘れているのでしょうか?
多くの既婚男性は、家族と過ごしていても不倫相手のことが気にかかっています。

「今何してるのかな?」「次はいつ会えるのかな?」「寂しくないかな?」などと考えています。

週末や休日に連絡が減る理由

不倫相手のことを忘れていないのならば、連絡くらいしてくれればいいのにと思うことがあるでしょう。
彼女が寂しい思いをして我慢していることが想像できるのならば、週末でも休日でも連絡くらいして欲しいと思ってしまいがちです。

実際、家族サービスをしている時だってLINEの一つくらい送れないの?と言われたら、そんなことはないのです。

LINEくらいならば、家族の目を盗んでいくらでも送れるのです。
では、なぜあえて連絡をしないのでしょう?

それは、言うまでもなく彼が細心の注意を払っているからです。
もし、彼の奥さんからちらっとでも見られでもしたら、疑われてしまいます。

そのように少しでも疑われでもしたら、しばらくはあなたと会うことを控えねばならなくなるでしょう。
あなたと長く付き合いたい・・そう思うからこそ、家族と過ごしている時は連絡をしないのです。

不倫相手から連絡が来ない7つの理由とその対処法
不倫相手との連絡頻度はどれくらいがベスト?
こうして発覚!不倫がバレる9つのきっかけ

月曜日に連絡が来るかどうか不安

不倫は誰にも相談できない秘密の関係です。
2日も連絡がなかったのなら、このまま関係が終わってしまうのではないかと不安になることもあると思います。

でも大丈夫です。
よっぽどのことが無い限り連絡はきます。

もし彼からの連絡がなかったとしたら、何かあったのだろうと考えましょう。

もしそれ以外で連絡が来なくなったとしたら・・
不倫相手との付き合いはどんなだったのかを振り返って考えてみる必要があります。
最悪、あなたの気持ちとは反対に、彼にとっては遊びの関係だった可能性もあります。

もしそうだとしたら、それもいい機会だと思って付き合う必要がある関係なのです。

不倫相手の本気度を確かめる方法5選
不倫関係を遊びから本気にさせる方法3つ

家族の大切さに気付くことがある

家族と過ごしていると、家族の大切さに気づいてしまうこともあります。

奥さんの優しさを感じた時、子供が楽しそうに遊ぶ様を見た時、そのようなふれあいで自分が築いた家庭がどれだけ大事なものかを実感した時、不倫なんかやめて家族を大切にしようと思うのです。

既婚男性が最も大事にしているのは、子供です。

奥さんにどれだけ不満があっても、子供との繋がりを実感した時に、家庭に戻ってゆくのです。
彼との関係を続けてゆくのなら、この点をきちんと心に留めておきましょう。

【体験談】不倫で生まれた不安を乗り越えた話

不倫中における週末の過ごし方

それでは不倫中における週末は、どのように過ごすのが良いのでしょうか。

普通の恋人同士、夫婦でしたら一緒に出かけたりして共に過ごす場合が多いですが、不倫中の場合はついつい一人になりがちです。

しかし、そこをネガティブに考える必要はありません。
気持ちを切り替えて、週末はあえて自分のために時間を使いましょう。

くれぐれも不倫相手の事ばかり考えて感情に振り回されないことです。

考え方一つで物事の見方が変わるのです。

平日、あなたは一生懸命仕事をし、健気に不倫相手のことを考え、会った時に束の間の濃密な時間を過ごします。

しかし、そこには自分のための自由な時間はあるでしょうか?
実際は何かしらに束縛され、なかなかそういった時間がないのが実情でしょう。

週末は普段縛られた自分を開放し、自分にご褒美を与えるつもりで過ごすのです。

例えば、

  • 気分転換に美容院に行く。
  • 美しくなるためにネイルやエステに通う。
  • 気の向くままに買い物をする。
  • 読書や映画を観て教養を高める。
  • ストレス解消のために運動をする。
  • 美味しいスイーツで食欲を満たす。
  • 女子会に参加してお喋りする。

など、不倫相手がいないからこそできる過ごし方はたくさんあります。
週末を過ぎればまた忙しい日々がやってきます。

その前に貴重な週末の時間を充実させるべく、行動してみましょう。
そうすることで、あなたに良い変化が現れるでしょう。
そしてその変化は不倫相手にも良い影響を与えるのです。

自分を磨き、より魅力的になったあなたを彼は笑顔で迎え入れてくれるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
不倫中における週末は、自分のために時間を使いましょう。

不倫相手には家族がいるということ、週末はその家族のために時間を使うのが当然だということを認識してください。
これは不倫関係を良好に長続きさせるためのコツでもあります。

不倫とは我慢の連続。
あわよくば不倫相手と週末に会いたいと願うのではなく、週末に会うことは基本的にありえないと割り切ることで、気持ちに踏ん切りをつけるのです。

そして、その熱い想いを二人で一緒に過ごす平日の時間に注ぎましょう。

週末にわざわざ会うということは不倫がバレるリスクを冒すということです。
バレてしまったら全てが終わります。

週末に自分へのご褒美として時間を使い、エステやネイルなどで磨き上げることで、不倫相手にもより魅力的に映るように見せればまさに一石二鳥です。

【体験談】不倫で生まれた不安を乗り越えた話
月限定>
こんな不倫の悩みありませんか?
・不倫相手から連絡がこない
・不倫相手と復縁したい
・不倫相手ともっと一緒にいたい
error: Content is protected !!